ラッシュの買取相場と値引き交渉のポイント

   

この記事の所要時間: 719

ラッシュ正面の写真

ラッシュの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 新車の売れ行きを考えると、意外と思えるほど高い下取り価格が付く。類似車種の少ないコンパクトSUVということもあるが、「スズキジムニーシエラ」と比べても良い価格が付く。これはその強固なフレームを採用しているのにかかわらず、普段使いにも適していて、女性でも抵抗なく乗れる車格が受け入れられているのだろうか。それであれば新車販売ももう少し伸びてもいいと思うのだが。低燃費やデザインなど、ブームに流されやすい新車販売よりも、そのクルマの本質を理解して正しい選択をする中古車ユーザー相手の中古車販売での評価の方が、理に適っているようだ。

 その結果、デビュー当時の2006年型でも、余程程度が悪くない限り、ユーザーが思った以上の下取り価格が付き、それは今ブームになりつつある、新世代のSUVを購入する際の頭金に十分補てんできる額だ。OEM元のダイハツ「ビーゴ」も、ダイハツの登録乗用車の中でも一番の下取り優等生であることに間違いないだろう。

下取り参考価格表

車種 グレード 年式 新車価格(万円) 駆動方式 下取り参考相場(万円)
G 2013 167.8 2WD 110.0
2010 174.2 2WD 79.0
2006 168.0 2WD 45.0
X 2013 157.9 2WD 104.0
2010 158.0 2WD 74.0
2006 152.0 2WD 43.0
G 2013 185.8 4WD 138.0
2010 192.2 4WD 120.0
2006 186.0 4WD 64.0
X 2013 175.9 4WD 132.0
2010 176.0 4WD 115.0
2006 170.0 4WD 63.0
比較参考 下取り価格
ジムニーシエラ 2013 161.8 4WD 107.0
2010 161.8 4WD 90.0
2006 161.8 4WD 37.0

ラッシュの新車値引情報

 「ジューク」もしくはスズキ「ジムニーワイド」が競合車となるが、3車とも性格が大きくことなり、実際には購入にあたって比較する人は少ないのではないだろうか。3車を競合させて値引きのおおきい方を購入するというのは無理があり、営業サイドも諸王地しているはずだ。ダイハツとの競合はOK。表面上は価格競争はNGとしているが、どちらも簡単に手を引くとは思えない。数あるラインナップの中で、同車を求めてくる貴重なユーザーは、確実に落としたいはず。在庫状況によって事情が異なるので、グレード選びはあまりこだわらず、お勧め車種を選ぶのが最良だ。

 目標販売台数には到底届いていない車種ではあるが、それをただほっとくトヨタ営業ではない。黙っていても売れるハイブリッド車だけではなく、この手の「いまいち」車種も目標通りに売りつくす努力を各ディーラーは行っているはず。

 じっくりと時間をかけて、何度も交渉することも重要になる。もし、中古車も併売し、展示場が隣接している店舗なら、一度中古車の見積もりも取ってみるのもいい考えだ。新車営業マンはきっとあせるはずだ。

値引き目標 28~33万円

ラッシュの特徴とモデルの推移

 2006年1月に発売開始した「ラッシュ」は、ダイハツ工業から「ビーゴ」OEM供給を受け、トヨタが販売する小型SUVで、「ビーゴ」との相違点は前後のCIマーク程度で、それ以外は共通である。 エンジンは1.5L直列4気筒DOHC。ドライブトレインは縦置きエンジンのFRと4WDとなっている。トランスミッションは4速ATと5速MT(4WDのみ)を搭載する。4WDは、車内のスイッチでロックさせることが可能なセンターデフを備えたフルタイム方式である。

 ボディ構造にはモノコックボディに、はしご型のフレームを組み込んで一体化させた構造の、「ビルトインラダーフレーム式モノコック」を採用している。このボディのもととなったのは、インドネシアで生産される「セニア」で、悪路走破性を求められる現地の仕様に対応する構造になっており、SUVとしてのの走破性に最適だとして採用されている。

 「ラッシュ」は発売から8年を経過した末期モデルとなっており、トヨタ製の次世代コンパクトSUVの話題も出始めている。RAV4」の下位モデルになるはずだが、パリモーターショーで発表したコンセプトカ-「C-HR」のサイズ感はBセグメントでスタイルは2ドアクーペになっており、ボディ後半が非常にタイトなデザインとなっていて、プラットフォームが次期プリウスと共通化され、ハイブリッドパワートレインが採用される見込みだという。これが「ラッシュ」の次期モデルに該当するかはまだ不明だが、日産ジュークに対抗する車種を持たないトヨタにとって、実現すれば未知のジャンルへの参入になる。

スポンサーリンク

 - SUV