クラウンマジェスタの値引きと下取りの相場情報

   

この記事の所要時間: 344

クラウンマジェスタ

クラウンマジェスタの新車値引情報

 クラウンシリーズでも、ロイヤル/アスリートの10分の1程度の販売台数である同車の商談は、ほとんどが法人相手だろう。個人ユーザーの場合、この購入資金があれば「レクサス」や「メルセデス」「BMW」など、選択肢は多い。国産車では唯一、「フーガHYBRID」が競合相手だが、盛り上がらない交渉になりそうだ。グレード選択一つで大きく車両価格が変わるので、値引き交渉は購入するタイプを固定してから望む。法人相手の商売では、信じられないような条件で取引されることも多いので、遠慮なく思い切った希望価格を求めていい。販売サイドの利益も極上のはずだ。

値引き目標 40~50万円

クラウンマジェスタのモデルチェンジ情報

2013年9月のフルモデルチェンジ以来、マジェスタの改良情報はない。順調な販売を続けるクラウンシリーズ全般も今のところ目立った動きはない。

前モデルの下取り相場と売却時のワンポイントアドバイス

 車両価格が高額なため、相場価格の落ち幅も大きいが、市場に出回っている台数自体が少ないので、個々の状態次第で大きく価格が変動する。特にメーカーオプションなどの有無など、装備面の差が大きい。年度落ちはこのクラスとしては非常に少ないが、現行モデルが下取りされるようになると状況は変わると見られる。

下取り相場

4.6Gタイプ   2WD  H25年式(新車価格706.7万円)下取り参考価格 305万円
                 H21年式(新車価格706.7万円)下取り参考価格 211万円 

4.6Aタイプ   2WD  H25年式(新車価格582.9万円)下取り参考価格 259万円
                 H21年式(新車価格582.9万円)下取り参考価格 178万円

4.3i-FOUR  4WD  H25年式(新車価格659.0万円)下取り参考価格 306万円
                 H21年式(新車価格659.0万円)下取り参考価格 210万円

クラウンマジェスタの特徴とモデルの推移

 トヨタ自動車が展開するトヨタブランドの最上級車種。1991年にクラウンとセルシオの中間に位置する車種として登場、3.0Lと4.0Lのエンジンをラインナップし、クラウンとは別に専用のフルモノコックボディを採用する4ドアハードトップとしていた。1999年の3代目よりドアサッシュを持つセダンタイプになる。

 2009年登場の5代目は、シャシーとサスペンションは先代から継続されるものの、 ボディサイズが拡大され以前のセルシオに近い大きさになった。エンジンはV型8気筒4.6Lと、4WD用に4.3Lを設定。ダンパーの減衰力を変更する機能も搭載する電子制御式エアサスペンションを全グレードで採用する。また、世界初の技術「前側方プリクラッシュセーフティシステム」や「プリクラッシュシートバック」、「後席センターエアバッグ」の3つが設定されている。

 現行モデルは2013年9月に登場。初代よりの専用ボディは廃止、14代目クラウンロイヤルのホイールベースを延長したものになり、車名にも「クラウン」が付き、独立した車種からクラウンシリーズの位置付けになる。同時にV8エンジンも廃止され、アトキンソンサイクルの直噴V6・3.5LプラスモーターのFR専用ハイブリッドシステムの専用車になり、JC08モード燃費も18.2㎞/Lとなった。その他にも、クラウンロイヤルと共用された結果、エアサスやヘッドアップディスプレイ、リアクールボックスなども廃止されている。

 マジェスタ独自のデザインには、グリルの縦バー化や、LED4燈式ヘッドライトがある。特徴的な先進装備としては、ブラインドスポットモニターをマジェスタでは初めて標準装備したほか、マルチインフォーメーションディスプレイには各タイヤの空気圧を表示し、夏用・冬用などと2セットのタイヤを登録できるタイヤ空気圧警報システム(TPWS)を備えた。

スポンサーリンク

 - セダン-トヨタ