プレミオの値引きと下取りの相場情報

   

この記事の所要時間: 333

プレミオ

プレミオの新車値引情報

 モデルチェンジイヤーに入っているので、かなりの値引きを期待したいところだ。実質、クラス下のカローラよりも安く手に入る。新型が出れば当然燃費も良くなるはずだが、NA1.5L車に限って言えば実質燃費は大佐ないはずだ。法人向けには逆に売り込み安くなっており、相当な条件が飛び交っている。在庫車狙いで大幅値引きを狙う。

値引き目標額 34~38万円

プレミオの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 下取り相場が比較的いいのは1.5L車だ。パワーに余裕がある1.8Lが人気があると思われたが、走行性能をあまり気にしない層の支持を受けたのは1.5L車。取り回しが良く、カローラより広ければ十分というわけだ。
 
下取り相場

1.5F  2WD  H25年式(新車価格162.9万円)下取り参考価格 120万円
            H19年式(新車価格162.9万円)下取り参考価格  64万円

1.8X  2WD  H25年式(新車価格181.0万円)下取り参考価格 110万円
            H19年式(新車価格181.0万円)下取り参考価格  54万円

2.0G  2WD  H25年式(新車価格208.6万円)下取り参考価格 101万円
            H20年式(新車価格208.6万円)下取り参考価格  60万円

プレミオのモデルチェンジ情報

 2007年テ゛ヒ゛ューの「プレミオ/アリオン」現行モデルは7年目を迎える2014年中のフルモデルチェンジが予定される。ボディサイズは日本市場を重視した 5ナンバー枠の全幅1.7m未満が維持される。 ハイブリッド化が有力視され、「プリウス」で採用される1.8L THSⅡが候補になっている。1.5Lと1.8Lが引き続きラインアップされるとみられるので、2.0Lにかわる上級機種の位置付けとなるだろう。

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 セダン人気のなさもあるが、法人での需要が多いと中古車市場での相場は低くなる。それでも1.5Lはマシな方だろう。発売当初のH17年式はよほど程度が良くないと価格はつかないと見ていい。
 
下取り相場

1.5F   2WD  H19年式(新車価格162.0万円)下取り参考価格 45万円                 
             H15年式(新車価格162.0万円)下取り参考価格  9万円

1.8X   2WD  H19年式(新車価格178.0万円)下取り参考価格 39万円
             H15年式(新車価格178.0万円)下取り参考価格 11万円

2.0G   2WD  H19年式(新車価格212.0万円)下取り参考価格 32万円
             H15年式(新車価格202.0万円)下取り参考価格  8万円

プレミオの特徴とモデルの推移

  トヨタの代表的な小型4ドアセダンであった「コロナ」の後継モデルとして2001年に初代がデビュー。取扱いチャネルはトヨペット店。姉妹車の「アリオン」はトヨタ店で扱う。

 シニアユーザーの嗜好を加味したオーソドックスな3ボックスのエクステリアデザインで、上質感のある落ち着いた仕様が特徴。取り回しの楽な5ナンバーサイズでありながら、発売当時はクラス最長のホイールベースで、広い居住スペースと荷室を確保していた。エンジンラインナップは1.5,1.8,2.0Lと3タイプを揃える。

 現行モデルも2007年6月のデビューであり、トヨタの量販モデルとしてはモデルサイクルの長いモデルである。5ナンバーサイズを維持したエクステリアは先代のキープコンセプト。エンジンも同様で、2.0Lのみ翌年の2008年1月に設定された。

スポンサーリンク

 - セダン-トヨタ