プリウスαの値引きと下取りの相場情報

   

この記事の所要時間: 331

プリウスα

プリウスαの新車値引情報

 まだまだ順調な販売成績は、モデル後半となったベース車「プリウス」の没落傾向の中では、大健闘している。面と向かって競合する他車も思いつかないのは、他にはないハイブリッド専用ステーションワゴンという個性が強みだろう。
かつては値引きしないクルマの代名詞だった「プリウス」も、販売台数が下がれば状況も変わる。人気の「α」でも同じことが言えるはず。20超えからどれだけ上乗せできるかが勝負だ。

値引き目標額 25~28万円

プリウスαの下取り相場と売却時のワンポイントアドバイス

 下取り相場のいいトヨタ製ハイブリッド車の代表各である「プリウス」よりもさらに相場が高い「α」。H23年式では同価格帯の「プリウスよりも30万円近い下取り相場となる。低燃費だけのハイブリッドから、使い勝手や広さを求める風潮が、新車市場より先に中古車市場が先取りした感がある。

下取り相場

G  5人乗り  2WD  H25年式(新車価格266.7万円)下取り参考価格 190万円
                 H23年式(新車価格266.7万円)下取り参考価格 174万円

G  7人乗り  2WD  H25年式(新車価格285.7万円)下取り参考価格 203万円
                 H23年式(新車価格285.7万円)下取り参考価格 186万円

S  5人乗り  2WD  H25年式(新車価格238.1万円)下取り参考価格 175万円
                 H23年式(新車価格238.1万円)下取り参考価格 161万円     

プリウスαのモデルチェンジ情報

 2015年には「プリウス」のフルモデルチェンジが予定さrているが、プリウスより2年デビューの遅かった「プリウスα」は、同時ではなく、次期をずらしての登場になるため、1年以上は併売される見込みだ。気になるのはモデルがそんぞっくするかどうかだが、「プリウス」が現行モデル以上の使い勝手や、荷室空間の拡大を追求したボディになると、「プリウスα」の存在意義が薄れてしまう。3列シートの優位性を追求すると、もはや「プリウス」の名称を背負う必要のない新機種になる可能性もありえる。まずはリチウムイオンバッテリー搭載で、燃費も走行性能もアプするベース車4代目「プリウス」の登場を待ちたい。

プリウスαの特徴とモデルの推移

 3代目の現行「プリウス」の発売から2年後の2011年5月に発表同時発売されたステーションワゴン型の派生車種で、5人乗りと3列シートによる7人乗りを設定している。3代目プリウスのプラットフォームを流用しているが、ホイールベースを80㎜延長、前後のトレッドも拡大されている。そのたけ、プリウスのデザインを残しつつ、全長、全高、全幅ともに16センチ、9センチ、3センチ長くなっている。

 ハイブリッドシステムはプリウスと同様であるが、主バッテリーについては、7人乗りについてのみ、3列シートの空間確保のためコンパクトなリチウムイオンバッテリーを荷室下部に収納、また重量の低減にもなり、5人乗りとの差は10㎏に留めた。

 インテリアでは、小型化したシフトレバーをステアリング付近に移動、7人乗り仕様については2列目のウォークイン機構と3列目のワンタッチチルトダウン機構を採用している。 メーカーオプションの「パノラマルーフ」はガラス比で約40%の軽量化が可能となった樹脂製を採用した。

 2013年4月には、ダイハツ向けに5人乗りのみ「メビウス」としてOEM供給を開始している。また、同年8月には、5人乗り仕様の全車に、非常時において1500Wまで使用可能のAC100V電源を供給できるアクセサリーコンセントのオプション設定を追加した。

スポンサーリンク

 - ミニバン-トヨタ