パッソの中古車買取価格

   

この記事の所要時間: 84

pent1304

パッソの下取り相場と売却時のワンポイントアドバイス

フルモデルチェンジされた「パッソ」は前モデルから一転、販売も順調で、毎月6千台以上を販売し続けています。

人気は上級装備の「モーダ」で、1.0L車としては高額でありながらも女性に大人気となっています。
まだ下取り相場を語るには早すぎますが、この人気が続く限りは前モデル以上の相場となるのは間違いないでしょう。

グレードや駆動方式による値落ちの差はまだわかりませんが、4WDの人気はそれほどあるようにはみえません。

したがってリセールバリューを求めるならモーダの2WDとなるでしょう。

下取り参考価格表

車種・グレード 年式 駆動方式 新車価格 下取り参考相場
1.0X 2016 2WD 106.5 81.0
1.0モーダ 2016 2WD 132.5 100.0
1.0XLパッケージ 2016 2WD 116.0 88.0
1.0X 2016 4WD 122.5 104.0
1.0XLパッケージ 2016 4WD 132.0 112.0

前モデルの下取り相場と売却時のワンポイントアドバイス

JPG03931

前モデルも現行モデルほどではないにしても1.0L車を中心に順調な販売を続けていました。

トヨタには同クラスに「ヴィッツ」がありますが、軽自動車からの代替需要を受け入れやすかったのは「パッソ」のようです。

しかし、1.3L車の評価はあまり良くなく、1.0Lだから許されるチープさが1.3Lクラスになると物足りなく映ります。

下取り相場においても、年式が古くなるにつれて1.0L車との差がなくなり、デビュー時の2010年式ではほぼ同額になります。

上級装備車の「プラスハナ」は新車販売においても中心を占めており、下取り買取り市場でも相場以上の評価が期待出来ます。

まだ女性仕様として特化されていませんでしたが、同クラスの「ヴィツウ」「マーチ」「ミラージュ」よりもオシャレ度が高く、この年式のコンパクトカーではもっとも「女子力」が高い車種になります。

下取り参考価格表

車種・グレード 年式 駆動方式 新車価格 下取り参考相場
1.0X 2015 2WD 116.4 69.0
2013 103.8 43.0
2010 103.8 10.0
1.0プラスハナ 2015 2WD 133.7 60.0
2013 123.3 55.0
2010 123.3 23.0
1.0X 2015 4WD 129.4 76.0
2013 119.8 54.0
2010 114.0 24.0
1.0プラスハナ 2015 4WD 147.7 83.0
2013 139.3 63.0
2010 139.3 42.0
1.3G 2015 2WD 136.2 58.0
2013 126.1 39.0
2010 126.1 11.0
1.3プラスハナ 2015 2WD 148.6 69.0
2013 140.0 43.0
2010 140.0 23.0

パッソの人気とリッターカーの現状

1.0Lに特化した現行「パッソ」がこれほどの売れ行きとは、多くの方も想像できなかったでしょう。

たしかに燃費性能は優れていますが、走行性能は芳しくなく、室内スペースも平均的です。

そして人気の「モーダ」は割高で、売れ筋グレードでは140万円を超えています。

女性に向けたイメージ戦略が人気の要因ですが、開発を担当したダイハツでは「ムーブキャンバス」という独身女性をターゲットにした軽トールワゴンが大ヒットしており、「パッソ/ブーン」とかなりかぶるところがありそうです。
これからはこの独身女性にターゲットを絞るのが1.0Lクラス以下の車鵜品が売れるキーワードになるかも知れません。

パッソの特徴とモデルの推移

2016年4月に約6年ぶりにモデルチェンジされて3代目となる現行モデルは、2代目まで設定されていた1.3L車が廃止となり、1.0L車のみの設定となりました。

また、今回はダイハツが開発から生産まで一貫して担当していることから、「ブーン」のOEM車両という位置付けとなります。

ボディサイズは2代目からほぼ据え置かれ、50mm延長されたホイールベースで前席と後席の間を75mm拡大されています。
エンジンは2代目の1KR-FE型を継続採用していますが、燃焼効率を向上させアイドリングストップ機構を4WD車にも拡大して装備したことで燃費を向上しています。

ノーマルモデルは「X」に集約し、先代に設定されていた「+Hana」は廃止されたこわりに新グレードの「MODA(モーダ)」が設定されました。

「MODA」はサテンメッキを施した専用フロントグリルを採用し、フロントピラーやセンターピラーをブラックアウト化し、更にタコメーターを標準装備化しBi-Beam LEDヘッドランプを装備しています。

また、強化された安全装備は、ダイハツ生産の車両の為「スマートアシストII」をトヨタ車で初採用されました。

スポンサーリンク

 - コンパクト-トヨタ