カローラフィールダーの買取相場と値引き交渉のポイント

      2014/08/27

この記事の所要時間: 47

新しい記事
カローラフィールダーの下取り相場と値引き交渉のポイント 2014-08-27

カローラフィールダー

カローラフィールダーの新車値引情報

好調な販売を維持しているだけに、大幅な値引きは厳しいが、ハイブリッド以外なら手ごたえはある。競合させる車種としてはホンダの「フィットシャトル」「フリードスパイク」あたりが適任。消費税増税後は販売も落ち込むのは確実なので、各社とも値引きは拡大するはず。いい方に解釈すれば、もうせかされる理由もないので、こちらのペースでじっくり交渉できる。

値引き目標額 ハイブリッド車15~18万円 ガソリン車 25~28万円

カローラフィールダーの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

ダウンサイジングされたカローラシリーズだが、フィールダーに関しては1.8Lモデルの相場も悪くない。ハイブリッドよりもむしろいいぐらいだ。エアロツアラーは付加価値があり相場を上回るケースも多い。

下取り相場

1.5G            2WD H25年式(新車価格165.2万円)下取り参考価格 114万円
                     H24年式(新車価格168.9万円)下取り参考価格 109万円

1.5X            4WD H25年式(新車価格168.9万円)下取り参考価格 117万円
                     H24年式(新車価格168.9万円)下取り参考価格 111万円

1.8Sエアロツアラー   2WD H25年式(新車価格201.9万円)下取り参考価格 142万円
                     H24年式(新車価格201.9万円)下取り参考価格 136万円 

ハイブリッドG       2WD H25年式(新車価格206.2万円)下取り参考価格 147万円

カローラフィールダーのモデルチェンジ情報

 派生車種としてスバルの「XV」のように、最低地上高を高くしたSUVモデルなどの開発が噂されているが、発売はまだ先で、オデル後期の投入になるだろう。他にも、ワンサイズ小さいSUVも企画されているが、フィールダーとの関係は未定だ。

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

フィールダーとして独立してから人気は上々。6年落ちでも十分下取り相場はある。現行車種とりも大き目なボディは、このステーションワゴンでは見た目も現行車種よりそれっぽく見えて好評だ。
 
下取り相場

1.5X            2WD H24年式(新車価格151.9万円)下取り参考価格 85万円
                     H18年式(新車価格151.9万円)下取り参考価格 34万円

1.8S            2WD H24年式(新車価格192.9万円)下取り参考価格 93万円
                     H18年式(新車価格206.0万円)下取り参考価格 42万円

カローラフィールダーの特徴とモデルの推移

 2000年のカローラシリーズ9代目のモデルチェンジに伴い、それまでの「カローラワゴン」から「カローラフィールダー」という名称が与えられた。そして2006年10月には「カローラフィールダー」として2代目が登場、同時発売された4ドアセダンにも「カローラアクシオ」というサブネームを与えられた。世界初のワンタッチ格納リヤシートはダブルフォールディング機能を採用し、パワートレインには直列4気筒1.5Lと1.8L、新開発のSuperCVT-iが組み合わされた。

 2012年に現行モデルが発売された。コストダウンと小型・軽量化を目的に、ヴィッツ系のプラットフォームに変更され、全長も60㎜短縮されたが、荷室は90㎜拡大された。また、空気抵抗はCd値0.29を達成している。エンジンはダウンサイジングされた4ドアセダンの「アクシオ」とは異なり、1.5Lと1.8Lを継続採用する。ミッションはCVT。また、1.5Lにはアイドリングストップをメーカーオプションとした。VSC&TRC、6個のSRSエアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッター機構付3点式シートベルト、WILコンセプトシートを標準装備する。

 2013年8月、「カローラアクシオ」と同時にハイブリッド車を追加した。ハイブリッドシステムには「リダクション機構付THS-II」が採用され、JC08モードで33.0km/Lの低燃費を実現している。

 - トヨタ, ワゴン