ピクシスエポックの値引きと下取りの相場情報

   

この記事の所要時間: 327

ピクシスエポックの新車値引情報

 ここは我慢が必要なクルマ。販売台数がクラストップ、燃費もトップの「ミライース」、しかもOEMとくれば、ライバルの「アルトエコ」がなんらかの攻勢をしかけない限りは「ミライース」と同条件条件か、それ以上は難しい。競合相手に同じOEM仲間のスバル「プレオ+」を選べば、面白い結果が出そうであり、試す価値はありそうだ。

値引き目標額:5~6万円

ピクシスエポックの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 軽自動車ブームの主役であり、低燃費競争のトップでもある「ミライース」と同型車種であるだけに、同じ相場を作ると見て間違いない。年間のおち幅が非常に少なく、「アルトエコ」になかった4WDなども人気である。

下取り相場
 (ピクシスエポックの相場が不明のため、OEM元のダイハツミライースの相場を記します。尚、グレードはピクシスエポック、ダイハツミライースともに同等です。)

ミライースD           2WD  H25年式(新車価格 75.7万円)下取り参考価格 45万円
                       H24年式(新車価格 75.7万円)下取り参考価格 42万円
 
ミライースX           2WD  H25年式(新車価格 94.8万円)下取り参考価格 54万円
                        H24年式(新車価格 94.8万円)下取り参考価格 51万円 
  
ミライースGf          4WD  H25年式(新車価格116.2万円)下取り参考価格 71万円
                        H24年式(新車価格116.2万円)下取り参考価格 67万円

ピクシスエポックのモデルチェンジ情報

 2013年8月に、OEM元のダイハツ「ミライース」と同時に、マイナーチェンジを行い、燃費を飛躍的に向上させ、ライバルのスズキ「アルトエコ」とそのOEM勢に大きな差をつけたばかり。しばらくは改良なし。
 

ピクシスエポックの特徴とモデルの推移

 おりからの軽自動車ブームをトヨタとしてもさすがに無視できず、グループのダイハツ工業から2011年よりOEM供給を受けて発売する「ピクシス」シリーズの第3弾として、本命の「ミライース」のOEM車両として2012年5月に発売開始された。ベースとなった「ミライース」とはグレード、価格ともほぼ同一仕様になる。
 2013年8月のマイナーチェンジでは、OEM元の「ミライース」同様に燃費を向上させている。その燃費改善策は、クールドi-EGR、CVTのハイギア化、タイミングチェーンのフリクション低減となっている。さらにアイドリングストップは11km/hでエンジンストップする最新型を採用し、またオルタネーターとしては発電効率の高いものが装備され、 JC08モード燃費が33.4km/Lに大幅向上させた。エアロコーナーをヘッドライト下のバンパーコーナに設定。この部分のエクステリアデザインが変更される。一部グレードにはVSC&TRCで構成された 衝突回避支援システムのスマートアシストが装備される。

 トヨタが軽自動車を販売する事にダイハツ販売会社から強い批判を受けている。この背景には販売格差とという事情がある。トヨタが本気で軽自動車を販売し始めたら、製造元のダイハツ工業はうるおうももの、既存のダイハツ販社はひとたまりもない。そこで、新車の展示は「ピクシス・ステーション」(PIXIS STATION)と呼ばれる一部の店舗に限定され、特別仕様車、および限定車の設定は一切なし。また、テレビCMのオンエア(放映)は一切しない、などの条件がトヨタ側に課せられている。

 - トヨタ, 軽自動車-トヨタ