カローラルミオンの値引きと下取りの相場情報

      2015/07/17

この記事の所要時間: 356

これよりも新しい記事が投稿されています。
カローラルミオンの下取り相場と値引き交渉のポイント | I LOVE 自動車 2015-07-17

カローラルミオン

カローラルミオンの新車値引情報

 カローラのネーミングがつくとはいえ別物の同車は、販売も低迷中で具体的なテコ入れもなく放置状態のクルマ。ボンネットがシッカリとあり、無骨だがクルマらしいデザインで、今だからこそ好感が持てる。これは今が買い時とみる。

DSC_0832

在庫が心配だが、店頭やショールームの端に、意外とおいてあるケースもあるので、店頭在庫や長期在庫車もある可能性大だ。最初に大きくでて正解、半端な条件では問題外だが、価格次第では購入する意向を明確にしよう。

値引き目標額:30~35万円

カローラルミオンの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 グレードのバリエーションは少ないが、1.5Lモデルの人気が高い。このクラスは燃費最優先なので、同じボディーで1.5Lと1.8Lがあれば、経済観念の鋭い中古車ユーザーなら、間違いなく1.5Lモデルを選ぶ。

下取り相場

1.5X                2WD  H24年式(新車価格161.0万円)下取り参考価格105万円
                        H20年式(新車価格161.0万円)下取り参考価格 71万円

1.8S                2WD  H24年式(新車価格192.4万円)下取り参考価格121万円
                        H20年式(新車価格185.7万円)下取り参考価格 79万円

1.8S AEROTOURER    4WD  H24年式(新車価格224.7万円)下取り参考価格152万円
                        H20年式(新車価格220.0万円)下取り参考価格105万円

カローラルミオンのモデルチェンジ情報

 残念ながら「ルミオン」は現行モデルで消滅する予定だ。2012年にはカローラアクシオ、フィールダーのフルモデルチェンジが行われたが、「ルミオン」はハイブリッド化されることもなく対象外、その後も従来モデルの販売が続いている。 発売から5年が経過し、通常ならモデルチェンジイヤーとなってもおかしくない現在、月間販売台数は500台程度にまで落ち込んでいることもあり、次期「ルミオン」の開発は不可能となり、主力であるべき北米モデルの「サイオンXb」も販売は伸びておらず、モデルチェンジする理由はなくなった。今後「ルミオン」は、小変更やグレード整理、限定車の投入等で延命し、生産が継続され、2014年には販売終了となる見込み。

カローラルミオンの特徴とモデルの推移

 2007年10月に発売開始した5ドアハッチバック。カローラシリーズではあるが、他の「アクシオ」「フィルダー」とはプラットフォームからして違うモデル。全長は短いが、全幅があるため3ナンバーとなる「オーリス/ブレイド」のプラットフォームを基本としている。

 ステーションワゴンのように、シーンに応じた使い勝手の良い室内空間をもち、外観は四隅に張り出したフレア造形の直線基調な箱形シルエット。サイドのベルトラインを高くすることで、室内の包まれ感も高めた。使いやすいシートアレンジや収納をもつ広い室内は、快適にくつろげる空間を目指すとともに、天井イルミネーションや9スピーカーをもつオーディオなどで演出されている。また、安全性も高く、前席サイドエアバッグ、前後席カーテンシールドエアバッグ、頸部への衝撃を緩和するWILコンセプトシートなどが標準装備されている。

エンジンは直列4気筒DOHCの1.8Lと1.5L。ミッションは2013年にSuperCVT-iを採用、1.8Lには7速スポーツシーケンシャルシフトマチック&パドルシフトが採用される。2009年12月にマイナーチェンジ。1.8Lのエンジンをバルブマティックの新型に変更。外観ではフロントのバンパーとグリルやリヤのガーニッシュとコンビネーションランプを変更する。2013年にはSuperCVT-iを導入、またVSC&TRCを全車に標準装備した。

スポンサーリンク

 - トヨタ, ハッチバック/スポーツ