アイシスのカスタム~足回りを強化しエアロでイメチェン

   

この記事の所要時間: 350

アイシスは著他が製造・販売をする5ドアのミニバンになる。ボディーデザインは左右非対称になっていて、左側通行ようになっている。

DSC_0700

サイズと重量は、全長4610~4640㎜、全幅1695~1710㎜、全高1640~1670㎜、重量1400~1560㎏となっている。

駆動方式はFF / 4WDで、サスペンションは全車種フロントがストラットで、リアはトーションビームを採用している。

エンジンは2ZR-FAE 1.8リッター ストレート4 DOHC VALVE MATICと、3ZR-FAE 2.0リッター ストレート4 DOHC VALVE MATIC、トランスミッションはSuper CVT-iと 4速ATSuper ECを車種によって搭載している。

スポンサーリンク

ワインディングで不安の残る足回りを強化

タウンユースや高速での安定性はかなりいい。さらにワインディングでも穏やかなロールと、安定した姿勢でコーナーを抜けられるというのだが、その絶対値には不足を感じる。

サスの強化とボディ剛性の補強によってコーナリングの絶対値を上げ、自己満足度を上げてみたくなる。

強化サスを入れるのだが、ノーマルよりも少し硬めにしてロールに対処しておき、ダンパーの減衰力で揺り戻しやその他の動きを抑え込み、ロールしきる前にコーナーを抜けてしまえるようにセッティングをしたい。

せっかくのサスがしっかり設計値通りに働けるように、ボディー剛性をたかめたい。サブフレームと基本構造であるボディーの結合を強化して、ソリッドで一体感のある車体にすると、サスはしかり働きタイヤを路面に貼り付かせることができる。アンダーフロアーに補強材を入れると、さらに硬化は高まる。

強化サスとの相乗効果で、ノーマルでは得られないハンドリングを得ることができるので、ぜひお勧めしたいカスタマイズになる。

ブレーキも熱対策で対応

タウンユースあるいは高速を使って、都市と都市を行き来するだけならあまり気にしなくてもいいのだが、ワインディングも行動範囲に入るとなると、ブレーキをタフにする必要性がある。

ワインディング特有の長い下りでの使用ではブレーキにかかる負担は想像以上で、効きが悪くなったと気づいた時にはすでに遅いことも多々出てくる。

対策としては熱対策が有効で、耐フェード性の高いパッドを入れて、高沸点タイプのフルードに交換する。ステンレスメッシュなどで補強をしたラインを入れることで、高温・高圧で膨張・変形を防ぐことができる。ラインが膨張・変形するとかなり奥まで踏み込まないと効かないし、細かいコントロールができなくなるから危険なのだが、これで解消できる。

もっと強いストッピングパワーを欲しいのだったら、対向4ポッドの高剛性キャリパーを奢ることをおすすめする。

対向ピストンタイプになると、どんな局面でもパッドをローターが挟み込むので、安定したストッピングパワーを得ることができるのだ。サーキット走行並みにハードに使って、ローターが熱変形でもしないかぎり、高い信頼感と安定感を得ることができるので、この4点強化はおすすめしておきたい。

強化サスとボディー剛性の補強、そしてブレーキの4点強化をひとつのパッケージとしてとらえて、同時にカスタマイズすることをおすすめしたい。

エアロでイメチェン、ミニバンを楽しむ

エアロキットとホイールでドレスアップをしたら、ミニバンはセダンやワゴンにはできない楽しカスタマイズができる。

広い空間だからビジュアルに貢献できることもたくさんある。そのひとつがパネルのウッド化で、高級感のあるパーツを選べば、ワンランクもツーランクもランクアップをしたイメージにするkとができる。できればシフトノブなどもウッドに替えて、コーディネートをはかりたい。

後席のサイドウインドウにカーテンを付けたり、長い照明を付けると後席のパッセンジャーには大変都合のいいカスタマズになる。

後席から見える位置に大型の液晶モニターを付ければ、これも後席パッセンジャーにはありがたいカスタマイズにはなるし、LEDのフットライトをつけると夜間の乗り降りの時には、非常に便利がいい。

要するに「バス」感覚のカスタマイズをするとパッセンジャーには喜ばれるし、自分でも満足感は高くなるので、おすすめしておきたいカスタマイズになる。

予算と全体のバランスで、いろいろなことを試してみると面白いと思う。

スポンサーリンク

 - トヨタ, ミニバン-トヨタ