カローラフィールダーのカスタム~エアロは控えめタイプでシンプルにまとめる

      2014/09/01

この記事の所要時間: 345

カローラフィールダーはカローラからの派生車種になる。タイプとしては、5ドアハッチバックワゴンだ。現行モデルは3代目になる。

サイズと重量は、全長4360mm 、全幅1695mm 、全高1465mm~1485mm 、重1120kg~1210kgとなっている。

駆動方式はFF/4WDで、エンジンは1NZ-FE 1.5リッター ストレート4 DOHC、2ZR-FAE1.8リッター ストレート4 DOHC、1NZ-FXE 1.5リッター ストレート4 DOHCの3機種がラインナップされている。

サスペンションはフロントがマクファーソンストラットで、リアはトーションビーム&コイルスプリングになっている。トランスミッションはCVT/5速MTを搭載している。

スポンサーリンク

ふつうだが物足りない足を強化

足回りの評価としては可もなく不可もなしということなのだが、これを気持ち「走り」寄りに振って、高速の巡航からワインディングまでをカバーしたい。このばあいややあたりがきつくなるので、街中の乗り心地はやや犠牲になるがそこは目をつぶりたい。

バネレートをフロント30%、リア25%以上上げない範囲でセッティングを考える。ダンパーの減衰力とのマッチングを上手く取れれば、ロールスピードなどをコントロールできるので、扱いやすく乗りやすい足にできる。

次にサスのストロークがあいまいという評価に対応する。これは紙の上のボディー剛性ではなく、ダイナミック時のボディー剛性を高めて、サスが設計値通りに働いてタイヤを路面に効率よく貼り付かせることが必要になる。

まずサブフレームと基本構造のボディーの接合を強化して、ソリッドな一体感をだす。そのうえでアンダーフロアーに補強材を入れて縦方向の動きを矯正し、フロントにストラットタワーバーを追加してやると、まるで違う車のハンドリングにすることが可能になるから、おすすめしておきたいカスタマイズになる。

ファミリーワゴンだって強力なブレーキが欲しい

ノーマルのブレーキに不足はないものの、絶対的な能力には疑問が残る。そこで対向4ポッドの高剛性キャリパーを奢り、耐フェード性の高いパッドに交換をする。こうしておいてステンレスメッシュで補強をしたラインを入れて、高沸点タイプのフルードを使うと、ノーマルではありえない、強力で信頼性の高いブレーキにすることが可能になる。

安定したブレーキングパワーと熱と高い油圧でも変形しないラインによって、高温化でも効きもタッチもきわめて安定したストッピングパワーを得ることができるのだ。

長いくだりのワインディングでも、安心してガンガン踏めるし、高速からのブレーキングでも安心して踏み込める。足の強化とボディーの補強をして、この強化ブレーキを手に入れることができれば、なんだかほかのことをやらなくてもいいというぐらい、満足感の高いカスタマイズになる。ぜひ、おすすめしておきたい。

スポンサーリンク

控えめなエアロで少し自己主張

あまり派手なエアロではなく少し控えめなエアロキットを付けて、ちょとダルな感じのボディーデザインを引き締めたい。結構な製品ラインナップがあるので、選択肢には不自由はしないと思う。あとはシンプルなデザインのスポークタイプのホイールと、扁平率のたかいタイヤで外見をまとめたい。

ホイールの開口部から見えるキャリパーは、高剛性タイプに替えてあればブランドカラーになっているから不要だが、そうでなければカラーリングをして見るといいと思う。あとはローターをスリット入りなどに替えると、迫力のある演出ができる。

オリジナルのシートはホールド性が悪いといってもいいぐらいなので、スポーツタイプのバケットシートに交換すると、見た目もホールド性も格段に上がるから、おすすめをしておきたい。

物足りないエンジンはライトチューンで強化

CVTとの相性もあるのだろうが、エンジンパワーはやや物足りないという評価が多い。これを吸排気系の高効率化と、燃調を取り直す意味と空き領域をつかえるようにする意味で、ロムを書き換えると体感できるぐらいの違いは出るので、おすすめのカスタマイズになる。

これぐらいやっておくと、ノーマルとは明らかに違う車にすることができる。

スポンサーリンク

 - トヨタ, ワゴン