スイフトスポーツの買取相場と値引き交渉のポイント

      2015/06/04

この記事の所要時間: 339

これよりも新しい記事が投稿されています。
スイフトスポーツの下取り相場と値引き交渉のポイント 2015-06-04

スイフトスポーツ

スイフトスポーツ新車値引情報

 競合させる車種がない純粋なホットハッチ。それでも購入時に考えるのは「86」などのスポーツタイプだが、値引き交渉には使えない。「フィットRS」「デミオスポーツ」などが値引き交渉にはいいだろう。特に「デミオスポーツ」はメインのSKTACTIVではないので販売も苦戦、良い条件が提示されるはずだ。「スイフト」と同じレベルまで目標を挙げてもいいと思われる。

値引き目標額 25~28万円

スイフトスポーツの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 数少ないホットハッチとして、人気の高い同車。ベースの「スイフト」も新車販売が好調で、これらも高い下取り相場
が維持されている要因。しかし、かなり走りこんだ車両が多く、程度の良いものが少ないという事実もある。

下取り相場

スイフトスポーツ      2WD H25年式(新車価格 160..0万円)下取り参考価格 111万円
                     H23年式(新車価格 160..0万円)下取り参考価格 101万円

スイフトスポーツのモデルチェンジ情報

 ベースの「スイフト」2013年7月にインジェクションをシリンダーごとに2基装備し、より理想的な燃料噴射を実現することで「デュアルジェットエンジン」で燃費を向上させるなどの改良を施しているが、「スイフトスポーツ」に関しての改良情報はない。1.6L自然吸気エンジンで100kw を誇るエンジンに不満はなく、販売し続けていることで満足すべきか。

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 現行モデルに負けない高い人気のモデル。スポーツマインドはこちらの方が高いとされ、マイルドな印象になった現行モデルより特に男性ユーザーの支持が多いとされる。
 
下取り相場

スイフトスポーツ   2WD H23年式(新車価格 160..0万円)下取り参考価格  65万円
                 H17年式(新車価格 160..0万円)下取り参考価格  36万円

スイフトスポーツ Fリミテッド2WD H22年式(新車価格 167.0万円)下取り参考価格  67万円
       リミテッド     H19年式(新車価格 174.0万円)下取り参考価格  48万円
   

スイフトスポーツの特徴とモデルの推移

 「スイフトスポーツ」は2000年2月に発売された初代「スイフト」のスポーツモデルとして、2003年6月に初代が発売された。3ドアハッチバックのみの設定で、オーバーフェンダーやエアロパーツ、レカロシートを装備し、チューニングされた1.5Lエンジンを搭載する本格的なスポーツバージョンでありながら、ベースの「スイフト」同様低価格に抑えた。初代は2005年3月まで生産された。

 2代目は2005年9月登場。ジュニアWRCクラスの排気量に合わせた1.6Lのハイオク仕様エンジンを搭載。電子制御スロットルを用いたドライブ・バイ・ワイヤが採用された。 また、このモデルから3ドアは廃止され5ドアのみの設定になる。

 2011年11月にモデルチェンジを受けた現行モデル。低く構えたフォルムと大開口のフロントグリルがスポーツタイプとしての差別化を主張している。エンジンは改良され、樹脂製インテークマニホールドと可変吸気システムを採用 し100kwのパワーを誇る1.6Lを継続採用し。ミッションは軽量コンパクトになり6速MTになって、2速から5速までクロスレシオとしたマニュアル、ATは4速ATから初の7速マニュアルホールド付CVTに変更された。足回りも大幅に改良され、ストラットにリバウンドスプリングを内蔵、モンローショックアブソーバーの採用し、またホイール、ブレーキの軽量化によってバネ下重量を軽減している。

 - 軽自動車-スズキ