エスクードの下取り相場と値引き交渉のポイント

   

この記事の所要時間: 716

3rd_generation_Suzuki_ESCUDO_XG_front
By Tokumeigakarinoaoshima (Own work) [CC0], via Wikimedia Commons

エスクードの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 人気のある車種とは言えず、知名度も低い。しかし、SUVの中古車市場での評価は高く、現行モデルであることも相場を維持している理由だ。たびたび登場する限定車が一番良いのだが、乱発気味で、それが標準になり、逆にベース車の価格が低く見られる。やはり、2.4L車が中心で、V6エンジン搭載車はSUVとはいえ厳しい。

下取り参考価格表

グレード・仕様 駆動方式 新車価格(万円) 年式 下取り参考価格
2.4XG 4WD 208.0 2014 180.0
2.4XG 4WD 209.0 2010 108.0
2.4クロスアドベンチャー 4WD 224.0 2013 171.0
2.4オニールリミテッド 4WD 225.0 2010 124.0
2.4ソロモンリミテッド 4WD 225.0 2008 105.0
3.2XS 4WD 250.0 2008 67.0
2.7XS 4WD 240.0 2008 48.0
2.7XS 4WD 240.0 2005 62.0
2.0XE 4WD 195.0 2008 80.0
2.0XE 4WD 195.0 2005 53.0

エスクードの新車値引情報

2.4LのSUVで228万円というのは、かなりリーズナブルであるが、デビューから9年経ったモデルということもあり、相当の値引きは欲しい。まずはベース車で交渉を行うが、狙いは限定車の「ランドブリーズ」だ。30万ほどの値引き交渉が出てくる最終段階で、この14万円高の差額を0にする条件で、限定車をゲットしたい。ディーラーにとっては軽自動車とは比べものにならない利益車種のため、簡単には断れないはず。無理でもかなり大きな値引きが引き出せる。最初はあえてベース車で交渉するのがコツだ。

値引き目標 40~44万円

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 モデル自体の評価というより、さすがに10年を超えると難しくなる。余程程度が良くないと、まともな下取り価格はつかない。クロスオーバーSUVの中でも、オフロードよりの車種なので、使われ方が荒いものが目立ち、走行距離も通常の乗用車より平均的に多い車種。きれいに乗られていて、走行距離も少なければ望みはある。そうでなければ買取り専門店の方が融通は利きやすい。あとは、各社の新型SUVに買い替えるなら、他銘柄対策として、かなりのプラス査定が望める。

下取り参考価格表

グレード・仕様 駆動方式 新車価格(万円) 年式 下取り参考価格
2.0XE 4WD 185.0 2005 25.0
2.0 4WD 185.8 2003 22.0
2.5V6 4WD 202.8 2003 5.0

エスクードの特徴とモデルの推移

 1968年に初代が登場したクロスオーバーSUVの草分け的存在で、同車の世界戦略車でもある。3代目にあたる現行モデルは2005年5月に8年ぶりのフルモデルチェンジをされデビューした。

 先代モデルのラダーフレーム構造からフロアパンにラダーフレームを溶接したラダーフレーム一体型モノコックボディ「ビルトインラダーフレーム」を採用、駆動方式はパートタイム4WDからフルタイム4WDへ変更となるが、デフロック機構やHI-LO切り替えの副変速機などの本格4WDシステムは維持している。エンジンは2.0Lと2.7Lの2種類で、5ドアのみとなる。グレードは3種類で、「2.0XE」、「2.0XG」、「2.7XS」がある。2.0L車のみ5速MT車も設定されている。その後2006年から2007年の11ヶ月だけ、5MTのみの1.6Lの3ドアモデルが追加されている。

 2008年6月のマイナーチェンジでは、2.7Lに代わって新たに3.2Lを設定たが、2009年6月には2.4Lに一本化されている。

 2012年7月のマイナーチェンジは外観デザインを大幅に変更することになった。力強い造形のバンパー、フィン形状のグリル、黒加飾ヘッドランプを採用。バックドアに装備していたスペアタイヤを廃止し、リアライセンスメッキガーニッシュを採用、さらに、リアのナンバープレートの位置がバックドア中央に移動された。

 パリモーターショーにおいて、「エスクード」の欧州向けモデル「ビターラ」のフルモデルチェンジが発表されている。
新型「ビターラ」のエンジンは、1.6Lのガソリンとディーゼルが設定され、ボディサイズは「SX4」と近いボディサイズとなっているが、クロスオーバーSUVの「SX4」に対して、「エスクード」はラダーフレーム構造を取り入れた本格SUVとしてラインアップされることになる。また、スズキの新世代4WDシステムのALLGRIPも採用される。新型「ビターラ」は本格的4WDとして他のBセグメントクロスオーバーSUVと差別化が図られる。 日本での販売計画は発表されていないが、日本で発売されることは確実視され、4代目エスクードとして販売されることになる予定だ。

スポンサーリンク

 - 普通車・コンパクト-スズキ