ランディの値引きと下取りの相場情報

   

この記事の所要時間: 357

ランディの新車値引情報

 基本的に、スズキユーザーのミニバン購入による顧客離れを防ぐための車種であり、新規のユーザーが指名買いすことは皆無のはず。そのため、表立った拡販対策はとっていないが、スズキディーラーや小規模のサテライト店では、ラインナップの最高額にあたる機種。利益も軽自動車とは比較にならない。売れるなら大幅値引きも日産以上に期待できる。

値引き目標額 28~32万円

ランディの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 新車販売においては知名度の低さから台数の出ない車種だが、中古車市場においては、「セレナ」と変わらぬ扱いを受ける。その為、セレナと変わらぬ高い相場を維持しているようだ。

下取り相場

2.0S     2WD H25年式(新車価格 211.5万円)下取り参考価格 115万円
              H22年式(新車価格 211.5万円)下取り参考価格  95万円

2.0G     2WD H25年式(新車価格 257.0万円)下取り参考価格 123万円
              H22年式(新車価格 252.0万円)下取り参考価格 113万円   

2.0G     4WD H25年式(新車価格 280.3万円)下取り参考価格 134万円
              H22年式(新車価格 280.3万円)下取り参考価格 111万円

ランディのモデルチェンジ情報

2014年1月に、OEM元の日産「セレナ」同様のマイナーチェンジを終えたばかりの「ランディ」。今回のマイナーチェンジでは、 エクステリアにおいてフロント周りのデザインを刷新するとともに、トップシェード付フロントガラスを全車で採用 。また、衝突回避支援ブレーキシステムなどを、上級機種に標準装備するなどしている。
 燃費性能も16.0㎞/Lに向上させた。

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 スズキの「ランディ」と認識して購入する中古車ユーザーはまれではないか。「セレナ」と同じ日産製として流通しているので、下取り相場も差はない。

下取り相場

2.0S     2WD H22年式(新車価格 211.5万円)下取り参考価格 107万円
              H19年式(新車価格 211.5万円)下取り参考価格  58万円

2.0G     2WD H22年式(新車価格 241.0万円)下取り参考価格 117万円
              H19年式(新車価格 232.0万円)下取り参考価格  64万円

2.0G     4WD H22年式(新車価格 267.7万円)下取り参考価格 132万円
              H19年式(新車価格 258.7万円)下取り参考価格  73万円    

ランディの特徴とモデルの推移

 「ランディ」の初代が発売されたのは2007年1月。前年に発表された日産との相互供給強化策の一環として、日産「セレナ」のOEM供給車両となる3列シート8人乗りのミニバン。基本的にベース車とメカニズム設定は同じであり、変更点はフロントグリルやエンブレム類、一部装備の差異のみとなっている。

 現行モデルとなる2代目は「セレナ」から1か月遅れて、2010年12月にフルモデルチェンジされ発売開始された。「セレナ」同様、室内長と室内高を大きくとることで、ゆったりとした室内空間を実現。スライドドア開口部を拡大、低いフロアやステップと合わせて乗降性の向上が図られるなど、ミニバンとしてのユーティリティ性能がアップした。環境性能の向上した。新たにシリンダー内へ燃料を直接噴射する直噴エンジンを採用。さらにセットオプションで、ECOモーターを備えたアイドリングストップシステムも用意される。アイドリングストップ付き2WDモデルの10・15モード燃費は、15.4km/Lを達成し、2012年8月には、「セレナ」に準じて「S-HYBRID」を搭載、さらに燃費を向上させた。

 2014年1月には日産「セレナ」と同様のマイナーチェンジを行い、フロントグリル、フロントバンパー、フロントボンネットフード、フロントフェンダー、ヘッドランプの意匠を変更 。燃費は2WDのS-HYBRID車で、16.0km/Lとわずかに改善されている。

 - スズキ, 普通車・コンパクト-スズキ