ラパンの値引きと下取りの相場情報

      2015/02/09

この記事の所要時間: 359

新しい記事
ラパンの買取相場と値引き交渉のポイント 2015-02-09

ラパンの新車値引情報

 スズキの主力軽自動車は「アルトエコ」「ワゴンR」「スペーシア」。「ラパン」はそれらとは若干距離を置く女性中心の独自な雰囲気のモデルで、そのスタイルから、競合車種のない指名買いも多いと聞く。ライバルを探すと、同じくオシャレ系として、「ダイハツ ミラココア」が一番だろう。価格も仕様も似通っている。グレードとしては「ショコラ」が「らしく」ていのではないだろうか。

値引き目標額 12~14万円

ラパンの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 中古車市場は、一般的なハイトワゴンよりも人気があるほど。同社の主力ハイトワゴン「ワゴンR」との比較でも、同じかむしろ数万円高い相場になっている。

下取り相場

G      2WD  H25年式(新車価格109.5万円)下取り参考価格 64万円
              H20年式(新車価格105.3万円)下取り参考価格 48万円 

T ターボ 4WD  H25年式(新車価格142.5万円)下取り参考価格 90万円
              H20年式(新車価格142.5万円)下取り参考価格 64万円

X      4WD  H25年式(新車価格128.6万円)下取り参考価格 86万円
              H20年式(新車価格128.6万円)下取り参考価格 61万円

ラパンのモデルチェンジ情報

 基本設計は古いが、グリーンテクノロジーとCVT搭載で燃費を伸ばしている同車。全高は低いが、スクウェアなデザインなので、室内は意外と広く女性を中心に人気がある。モデルチェンジに関しては、「アルトカクテル」という名称変更なども含めて計画はあるものの、具体的な情報は聞こえてこない。

ラパン前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 レトロ感たっぷりなデザインで好評だったこの初代は、現行モデルよりもキャラクターが鮮明で、若い層にはむしろ人気があるのかもしれない。

下取り相場

G    2WD  H20年式(新車価格 95.3万円)下取り参考価格 30万円
            H17年式(新車価格 95.3万円)下取り参考価格 14万円

X    4WD  H20年式(新車価格122.1万円)下取り参考価格 42万円
            H17年式(新車価格122.1万円)下取り参考価格 20万円 

ラパンの特徴とモデルの推移

 アルトシリーズの派生車種であるが、現在では「ラパンショコラ」などを有する独立したラパンシリーズを形成している。“身近な雑貨や家具のような愛着のもてる道具”という発想から、2002年1月に誕生して以来、モノ選びにこだわりを持つ若い女性ユーザーを中心に高い評価を得てきた軽乗用車である。 お弁当箱をイメージしたという丸みのあるレトロなイメージの外観や、ウサギの入った前後のエンブレム、など女性を意識したデザインで、若い女性をメインターゲットに据えることから、ボディーカラーも淡い色を中心に豊富にラインアップされ、合わせて内装色も設定される仕様となっている。

 2008年11月にフルモデルチェンジされ、現行モデルとなる2代目は、エクステリアデザインはキープコンセプトながらも、「パレット」や「ワゴンR」と共通のプラットフォームとなったことで、ロングルーフとロングホイールベースを採用されるなど、居住性が格段に向上している。また、インパネシフトの採用や、運転席シートリフター、チルトステアリングを全車に標準装備するなど、使い勝手を向上させた。

 新エンジンとアイドリングストップやCVTの採用により、2WD車の燃費はJC08モード26.0km/L、ターボエンジンを採用した2WD車は20.2km/Lを達成した。さらに、新サスペンション、大径14インチタイヤの採用により、操縦安定性と乗り心地を両立させ、、高剛性ボディーには数々の防振・防音対策を施し、静かで快適な室内空間となっている。

 さらに、若い女性好みのデザインを取り入れた派生モデルである「アルト ラパン ショコラ」を追加設定しており、専用デザインが与えられたフロントデザインは、ヘッドランプの形状を丸目型に変更してディスチャージヘッドランプを内蔵している。

 - スズキ, 軽自動車-スズキ