エスクードの値引きと下取りの相場を知っておこう

      2014/11/12

この記事の所要時間: 411

新しい記事
エスクードの下取り相場と値引き交渉のポイント 2014-11-12

エスクードの新車値引情報

 価格も意外に手ごろで、スペックも問題ない正統派のSUVなのだが、「アウトランダー」や「CX-5」の競合車種になりえていないのが現状。ディーラーサイドの意気込みは疑問だが、低価格車の多いスズキディーラーで200万オーバーの商談は、利益を考えればめったにない美味しい話のはず。大いに儲けてもらい、こちらも得させてもらいたい。在庫が心配だが、ミッション違いだけのモノグレードなので大丈夫か。とりあえず競合車種に人気の「CX-5」、そしてモデル末期の「RAV4」があれば完璧。割高なオプションは控えるのが鉄則になる。

値引き目標額:30万円

エスクードの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 このクラスでも排気量の大きいグレードは敬遠されるようだ。直4の2.4Lで十分という判断が価格を決定している。それ以上のエンジンは安ければ・・という条件付きだ。「サロモン」「ハリーハンセン」等、各種限定モデルがあるが、ベース車と大きく違わない。あまりに多いからかもしれない。

下取り相場

2.4XG                4WD  H25年式(新車価格209.0万円)下取り参考価格149万円
                           H20年式(新車価格209.0万円)下取り参考価格118万円

3.2XS                4WD  H24年式(新車価格250.0万円)下取り参考価格121万円
                           H20年式(新車価格209.0万円)下取り参考価格103万円

2.7XS                4WD  H20年式(新車価格240.0万円)下取り参考価格 86万円
                           H17年式(新車価格209.0万円)下取り参考価格 60万円

エスクードのモデルチェンジ情報

 現行モデルになって9年。そろそろと思うが、モデルチェンジは当分なし。グレードも2.4LのXGのみに縮小され、なんとか存続しているが、モデル消滅の危機でもある。他社のOEMという可能性もあるが、当面は輸出メインで現行タイプをキープする。

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 現行モデルよりオフロード志向が強いだけに、程度次第で価格がつくかどうかというレベル。排気量の差はほとんどない。

下取り相場

2.5               4WD  H17年式(新車価格202.8万円)下取り参考価格 25万円
                      
2.0               4WD  H17年式(新車価格185.8万円)下取り参考価格 25万円

エスクードの特徴とモデルの推移

 スズキの世界戦略車でもあるエスクードは、一貫して強固なラダーフレームとパートタイム4WDを採用していて、設計のしやすさと、堅牢性、そして何よりも悪路走破性が高い。さらに、SUVとしての悪路走破性能を持たせながらも、内装や乗り心地、良燃費や扱い易さを乗用車レベルに向上させている。しかし、3代目の現行モデルでは悪路走破性よりも、オンロードでの快適性を重視した方向へ転換した。

 1997年11月フルモデルチェンジした2代目は、。セパレートフレームを継承するものの、リアサスペンションが変更されるなど、街乗りにっ重点を置いたため、リヤシートがダブルフォールディング分割となっており、フルフラットシートが可能となるなど、居住性が大きく向上している。ラインナップは1.6L、2.0L、2.5Lそして2.0Lディーゼルと豊富にそろえられていた。2000年まではマツダへのOEM供給も行われた。

  2005年、フルモデルチェンジされた3代目ではセパレートフレームを止め、モノコックボディーに頑丈なラダーフレームを溶接し、一体化した ビルトインラダーフレームを採用したり、LSD付センターデフ方式フルタイム4WDシステム、新開発の四輪独立懸架式サスペンションなどを新たに開発・採用し、オフロード走行性能をさらに向上させるとともに、オンロードでのスムーズな走行性能を両立させ、大きな変更となった。エンジンは直4の2.0LとV6の2.7Lでスタートし、2008年のマイナーチェンジで2.7Lは3.2Lに置き換えられた。さらに2012年のマイナーチェンジでは2.4Lのみのモノグレードとなった。

スポンサーリンク

 - スズキ, 軽自動車-スズキ