インプレッサG4の中古車買取価格

   

この記事の所要時間: 1035

インプレッサG4

インプレッサG4の下取り相場と売却時のワンポイントアドバイス

厳しいセダンの評価

販売好調なスバルの登録車の中でも、一番の主力車種である「インプレッサ」ですが、主役はあくまでもハッチバックタイプである「インプレッサスポーツ」で4ドアセダンタイプの「インプレッサG4」の人気は低い。

中古車市場でも人気は「インプレッサスポーツ」が中心。

その下取り相場は想像以上に大きいのです。

4ドアセダン市場の不振が主な原因ですが、1.6Lから2.0Lという排気量クラスも、ユーザーに敬遠される要因となっています。

不振の4ドアセダンであっても、「カローラアクシオ」は法人需要を中心に堅実な販売を示していますが、「インプレッサG4」が法人向けに販路を求めている様子はありません。

特に2.0L車は、大きさも価格帯も中途半端で、ユーザーの車種検索にもヒットしにくく、中古車としても売りにくい車種の筆頭になっています。

ライバルの「マツダアクセラ」の現行モデルを見ると、「インプレッサG4」を大きく上回っており、魅力的なモデルであれば、セダン不況でも下取り相場は期待出来ることを示しています。

リセールバリューとしては、やはり4WD、そしてアイサイト装備車は、相場以上の評価を受けるでしょう。

下取り参考価格表

車種・グレード 年式 駆動方式 新車価格 下取り参考相場
1.6L 2015 2WD 163.0 89.0
2011 163.0 65.0
1.6L 2015 4WD 166.0 116.0
2011 166.0 90.0
2.0i 2015 2WD 177.0 124.0
2011 177.0 97.0
2.0i 2015 4WD 199.0 154.0
2011 199.0 113.0
2.0iアイサイト 2015 4WD 209.0 168.0
2011 209.0 120.0
1.6L 2015 2WD 163.0 89.0
比較車種
スポーツ1.6i 2015 2WD 148.0 104.0
2011 148.0 79.0
アクセラセダン1.5C 2015 2WD 176.0 104.0
2011 158.0 48.0

前モデル「アネシス」の下取り相場と売却時のワンポイントアドバイス

あまりにも差が付いてしまったハッチバックと4ドアセダン 

4ドアセダンである現行「インプレッサG4」の前モデルは、「アネシス」と呼ばれますが、あまりにもマイナーですぐにこのサブネームを言えるのは業界関係者の中でもスバル関連の方だけでしょう。

中古車サイトでも「4ドアセダン」と表記されることが多いのです。

むろん、業者は知っていても、「アネシス」ではユーザーにつたわらないのであえて「インプレッサの4ドアセダン」と表記しているぐらい、知名度がありません。

知名度がないと、中古車サイトにおいて車名で検索されることがなく、この時点でユーザーの選択肢から漏れてしまうので、非常につらい現状なのです。

したがって、同じ車種でもハッチバックと比較して安く仕入れざるをえません。

ハッチバックとの差は最終年度の2011年式ですでに倍近く、デビューした2008年式では同じ車両価格の同シリーズとは思えないほどの差にまで広がっています。

「インプレッサ」において、リセールバリューを求めるなら、「アネシス」は期待出来ないでしょう。

下取り参考価格表

車種・グレード 年式 駆動方式 新車価格 下取り参考相場
1.5i 2011 2WD 150.0 27.0
2008 150.0 3.0
2011 4WD 165.0 32.0
2008 165.0 4.0
2.0i 2011 2WD 183.0 55.0
2008 174.0 7.0
2.0i 2011 4WD 199.0 63.0
2008 189.0 23.0
比較車種
ハッチバック1.5i 2011 2WD 147.0 49.0
2008 145.0 37.0
ハッチバック2.0i 2011 4WD 196.0 72.0
2008 187.0 40.0
アクセラセダン1.5C 2011 2WD 158.0 48.0
2008 157.1 8.0

インプレッサG4の人気と同クラスセダンの下取り相場

セダンには厳しい現状も次世代に期待

インプレッサのセダンとハッチバックの大きな下取り価格の差、人気の差は非常にわかりやすく、同じボディタイプを持つマツダの「アクセラセダン」「アクセラスポーツ」も似たような状況ですが、フルモデルチェンジを機に、両タイプの性格をハッキリと分けることで、ある程度の成功を納めています。

1.5Lのベーシックモデル以外2.0Lのハイブリッドのみの設定で スポーツ色を押さえて高級感を追及し、自慢のディーゼル2.2Lを追加設定しています。

国内での需要が減ることにより、どうしても海外市場に合わせてボディが大きくなり、1.5L、1.6Lというセダンには不釣り合いになりつつある傾向ですが、さらに大型化が進むと、今度はダウンサイジングエンジンの導入が期待され、もう一度セダンに注目が集まる可能性はゼロではありません。

インプレッサG4の特徴とモデルの推移

4代目の「インプレッサ」は、「New Value Class」をコンセプトに、「スタイリッシュな外観と質感の高い内装」の実現と
「走りの気持ちよさ」、そして「環境性能」の向上をテーマに掲げて開発された。

また、5ドアハッチバックタイプは「スポーツ」、4ドアセダンタイプは「G4」にそれぞれサブネームを改めている。

「G4」ではホイールベースを25mm拡大したことなどにより、スペースそのものを拡大するとともに6:4分割式トランクスルー機能を採用したことでセダン本来の使い勝手を高めています。

エンジンは全面刷新された新世代「BOXERエンジンが採用され、1.6L車は100ccアップした排気量でトルクを向上。

また、2.0L車は従来型に比べ、約27%の燃費向上を実現させています。

ニューヨーク国際オートショー2016で新型「インプレッサ」がすでにワールドプレミアしており、発売は2016年10月とされています。

ヘキサゴングリルやイーグルアイヘッドランプといった特徴は継続され、エクステリアは従来型からのキープコンセプトとなっています。
新型から新開発のSGPプラットフォームが採用され、「インプレッサ」から「レガシィ」までが一つのプラットフォームで共通化されることになり、「インプレッサ」のボディサイズも従来型G4との比較では、セダンの4ドアで、全長で+45mm、全幅で+37mm、全高-10mmとなり、さらなるサイズアップとなっています。

スポンサーリンク

 - セダン/スポーツ-スバル