インプレッサスポーツの買取相場と値引き交渉のポイント

   

この記事の所要時間: 345

1024px-Subaru_Impreza_Sport_1.6i_AWD
By DY5W-sport (Own work) [CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons

インプレッサスポーツの新車値引情報

 スバルで一番売れているだけあって、値引きは抑え目なのは、極端なライバルもいないためもある。じっくりと交渉を進めたい、1.6Lなら20万円の差がある4WDにこだわることもないが、2.0Lならアイサイトが魅力だ。乗り出し条件に差額をチャラにする金額での目標が良いだろう。逆の順番だと無難な数字になりやすい。「インプレッサスポーツ」に比べて同価格ながら販売台数の鈍い「G4」との比較もいいだろう。

値引き目標額 24~28万円

インプレッサスポーツのモデルチェンジ情報

「XV」など派生車が目立っているが、販売台数は常に登録車のベスト10を狙っていて、スバルブランド躍進の大黒柱となっている。そろそろマイナーチェンジの時期にきているが、一部改良も含めて情報は入っていない。

前モデル(インプレッサ)の下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 2.0Lモデルの人気が芳しくない。需要のある4WDであってもボディサイズから1.5Lで十分という判断か。現行モデルのようなスポーツ感がないことで、ファミリーハッチのイメージが強く、パワーのある2.0Lを敬遠する理由になってもいる。

下取り相場

1.5i       2WD  H23年式(新車価格 147.0万円)下取り参考価格 54万円
                H20年式(新車価格 147.0万円)下取り参考価格 38万円

1.5i‐L     4WD  H23年式(新車価格 172.0万円)下取り参考価格 74万円          
                 H20年式(新車価格 172.0万円)下取り参考価格 53万円

2.0i       4WD  H23年式(新車価格 196.0万円)下取り参考価格 67万円
                H20年式(新車価格 196.0万円)下取り参考価格 52万円

インプレッサスポーツの特徴とモデルの推移

 富士重工が生産・販売するスバルブランドの乗用車「インプレッサ」の5ドアハッチバックモデル。それまでの「スポーツワゴン」に代わって2007年発売の3代目から、セダンに先行して投入され、この5ドアハッチバックがノーマルモデルの「インプレッサ」となり、翌年発売された4ドアセダンには「インプレッサアネシス」というサブネームが与えられた。全幅は1,700㎜を超えており、全車3ナンバーとなっている。エンジンは水平対向4気筒の1.5L、2.0Lとツインスクロールターボ搭載車を設定した。

 2011年登場の現行モデルから、ハッチバックモデルは「インプレッサスポーツ」のサブネームが与えられる。ホイールベースは延長されながらもボディサイズは先代と同等で、ボディに超高張力鋼板を採用したことで軽量化を実現するとともに、骨格を見直したことで高い衝突安全性を実現。 ドアの構造など各部の見直しで室内スペースを拡大し、特にショルダースペースとエルボースペース、そして足元スペースにゆとりが生まれている。トランクスペースでは、ルーフ後端構造の見直しやパンク修理キットの採用で床面高を下げ、さらにサブトランクを追加している。

 エンジンは1.5Lに置き換えて、新たに1.6Lを設定。2.0Lはフォレスターと同じものに変更された。ミッションはチェーン指揮のCVT「リニアトロニック」を採用、アイドリングストップシステム搭載車も設定。さらに、「2.0i」・「2.0i-S」には「EyeSight(ver.2)」搭載グレードを設定している。 もちろん4WDには「シンメトリカルAWDが採用されているのは言うまでもない。

 159万円台からという低価格設定もあり、販売台数はデビュー以来順調に推移している。

スポンサーリンク

 - セダン/スポーツ-スバル