フォレスターの値引きと下取りの相場情報

      2015/03/31

この記事の所要時間: 339

新しい記事
フォレスターの買取相場と値引き交渉のポイント 2015-03-31

フォレスターの新車値引情報

 2012年のモデルチェンジ以来販売も順調に推移しており、メーカーとディーラーの稼ぎ頭となっている。納期も遅れているので、売らんが為の値引きも無い様子だ。しかし、ライバルとなるSUVも多く存在し、市場全体が盛り上がってているため、相見積もりには困らない。マツダ「CXー5」日産「エクストレイル」トヨタ「ハリアー」など、テイストは若干異なるものの、価格帯が被る車種は多い。決して安い車種ではないので、各車の見積もりをきっちり煮詰めてから、本命の交渉にあたりたい。また、SUV購入時には、割高なオプションの選択に走らなjように注意を。

値引き目標額 28~32万円

フォレスターのモデルチェンジ情報

 2012年にモデルチェンジされたばかりの「フォレスター」だが、早くも次期モデルに関する情報が出ている。次回フルモデルチェンジとしては2017年が予想される。これはトヨタの次世代ハイブリッドシステムの市販時期と重なるものであり、水平対向エンジンがベースとなっているとされており、生産も富士重工業によって行われる見込み。さらに、トヨタ側車種にも供給されるとしており、その候補としてはRAV4、ハリアー、レクサスNXなどSUV車種の次世代モデルが考えられている。

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 現行モデルよりおとなしいデザインで乗用車的なこのモデルは、モデルチェンジでかなり値を落としたが、手ごろな価格のSUVとして逆に人気を取り戻しつつある。スポーティーだが安っぽさもある現行モデルより上級感があるという見方もある。 

下取り相場

2.0X     4WD H24年式(新車価格 196.0万円)下取り参考価格 153万円
             H19年式(新車価格 195.0万円)下取り参考価格 103万円

2.0XT    4WD H24年式(新車価格 259.7万円)下取り参考価格 178万円
             H19年式(新車価格 250.0万円)下取り参考価格 116万円

2.5Sエディション 4WD H24年式(新車価格 298.0万円)下取り参考価格 187万円
                H22年式(新車価格 298.0万円)下取り参考価格 176万円   

フォレスターの特徴とモデルの推移

 1997年から富士重工が発売している4WDのクロスオーバーSUVであり、北米を中心とした海外への主力輸出車種でもある。2代目まではキャビンの薄いステーションワゴンとSUVのクロスオーバー的なスタイルであったが、2007年12月発売の3代目からは、背の高い純粋なSUVへ転身。これは主要マーケットである北米市場の需要によるものであった。エンジンは、2.0Lと同ターボを採用し、2010年のマイナーチェンジでは2.5Lターボも追加設定されている。

 現行モデルの4代目は2012年11月に登場。低重心で重量バランスに優れたシンメトリカルAWDにより、SUVでありながら車高の高さを感じずに、路面状況を選ばず、安定感のある快適な走りを実現。エクステリアは空力特性や機能性に配慮したデザインでのびやかなシルエットとした。また、 室内サイズ、各ピラーの配置、後席のフロア形状、前後席の着座位置などに大幅な見直しを図り、ゆとりある室内空間とし、荷室は、容量や開口部の拡大、段差の少ないフラットなフロアなどにより、高い積載性とリヤゲートを電動で開閉できるパワーリヤゲートを採用したことで、スムーズな 積み下ろしを実現させた。
エンジンは2.0LNAと直噴ターボを設定。トランスミッションには新リニアトロニック、そして、エンジン、トランスミッション、VDC等を最適に統合制御し、悪路走破性を高めるAWD制御システム「X-MODE」「SI-DRIVE」 を設定する。

 - スバル, SUV