トレジアの値引きと下取りの相場情報

   

この記事の所要時間: 333

トレジアの新車値引情報

 最大のライバルは日産「ノート」とはいえ、価格競争での結果のクラス首位ではなく、ダウンサイジングエンジンによる低燃費や走行性能、そして居住性やスタイリングなどの総合的な魅力によるもので、「トレジア」を相手に、大きな値引きを出すとは思えない。それよりは、苦戦中のホンダ「フリード」やスズキ「ソリオ」あたりが競合車種としては効果的だ。

値引き目標額 29~32万円

トレジアの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 1.5Lより1.3Lの方が値落ちが少ないが、これは1.3Lに人気があるということではなく、「トレジア」自体が価格の安いモデルから売れるということ。4WDに関しては需要が多く、1.5Lにもかかわらず健闘していると言える。

下取り相場

1.3i     2WD H25年式(新車価格136.2万円)下取り参考価格 64万円
             H22年式(新車価格136.2万円)下取り参考価格 51万円

1.5i     2WD H25年式(新車価格146.7万円)下取り参考価格 65万円
             H22年式(新車価格146.7万円)下取り参考価格 51万円

1.5i-S  4WD H25年式(新車価格193.4万円)下取り参考価格 86万円
             H22年式(新車価格193.4万円)下取り参考価格 68万円

トレジアのモデルチェンジ情報

 「トレジア」のベースとなるトヨタの「ラクティス」のマイナーチェンジが、2014年中に行われそうだ。注目ポイントとしては、エネルギー改正装置の導入がある。減速時のエネルギーを回収し、ローコストで燃費を向上できるため、軽自動車などに積極的に採用されている。合わせて、大容量バッテリーの導入と充放電の効率化も行われ、さらにエンジン本体にも改良が施されることで、JC08モード燃費は25km/L程度となり、現行の20.6km/Lから大幅な性能アップとなる。

 OEM車の「トレジア」も同様の変更が行われ、さらに独自のサスペンションチューンが施されるという。

トレジアの特徴とモデルの推移

 2010年11月発売。トヨタの「ヴィッツ」をベースとした、4mを切る全長のコンパクトカークラスにあたる、トールワゴンに分類される。トヨタの「ラクティス」のOEM供給車両となるが、開発段階からスバル側より技術者を派遣して商品化を進めてきたために、ボディパーツなどに専用部品を用いて独自色を出しており、そのエクステリアは、フロントにスバルエンブレム(六連星)を中心としたウィングモチーフのグリルと左右へ広がりのある安定したバンパー造形により、スバルらしい存在感のあるデザインを実現している。そのため、ファミリー向けのファニーな顔つきの「ラクティス」に対し、「トレジア」は「インプレッサ」を連想させるスバル顔のため、男性層に人気がある。

 多彩なシートアレンジを可能とする室内と、簡単な操作のフォールディングレバーにより格納出来るワンンタッチ格納シートを装備する。カーゴスペースの床面高を変えられるフレキシブル2段カーゴボードを採用し、約120㎜床面を下げられ、収納性を高めている。また、クラス最大の開口面積を持つパノラミックガラスルーフ、ロール式電動サンシェードもタイプ別に採用している。

 パワートレインは、1.3Lと1.5Lの直列4気筒エンジンにCVTを組み合わせ、2012年8月には、アイドリングストップを拡大採用し、1.5Lにパドルシフトを追加装備している。1.5LにはAWA(4WD)を設定する。

 「ラクティス」との装備面の違いとしては、「ラクティス」にはないないテレスコピックステアリング、パドルシフト、クルーズコントロールディスチャージヘッドランプなどの設定方法が異なっている。

 - スバル, セダン/スポーツ-スバル