インプレッサG4の値引きと下取りの相場情報

      2015/02/12

この記事の所要時間: 342

新しい記事
インプレッサG4の買取相場と値引き交渉のポイント 2015-02-12

インプレッサG4の新車値引情報

 好調な販売の同社のラインナップの中でも、「インプレッサ」の主力はハッチバックの「スポーツ」。セダンの「G4」は販売面では苦戦中だ。セダン市場全体が厳しい状況でもあり、競合するライバルも値引きは拡大中だ。4WDにこだわらなければ日産「シルフィ」マツダ「アクセラ」などが面白い。もともと低価格な「インプレッサ」に合わせて値引きを大きく設定してくるので、大いに利用したい。

値引き目標額 30~33万円

インプレッサG4の下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 セダンとしてはオーソドックスで、可もなく不可もないスタイル。やはりこのクルマの価値は、セダンであっても4WDである。下取り相場でも、人気薄の2.0Lクラスセダンとしては十分な価格を維持している。

下取り相場

1.6i     2WD  H23年式(新車価格148.0万円)下取り参考価格 91万円

2.0i     2WD  H23年式(新車価格177.0万円)下取り参考価格137万円

2.0i-S   4WD  H23年式(新車価格212.0万円)下取り参考価格164万円

インプレッサG4のモデルチェンジ情報

 「XVハイブリッド」に採用された1.6Lターボ+1モーターのシステムが 「G4」にも拡大採用される可能性はあるものの、しばらくの間は動きはない。コストが安いこのシステムであるが、燃費の面ではインパクトが低く、4ドアセダンの販売を底上げするアイテムにはなりづらく、「XV」などのスポーツモデルに限定されるだろう。

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 ハッチバック車と異なり、セダンの場合は、どうしても「レガシィ」と比較され、「レガシィ」より安い価格に設定されてしまう。

下取り相場

1.5i     2WD  H23年式(新車価格150.0万円)下取り参考価格 47万円
             H20年式(新車価格155.0万円)下取り参考価格 30万円      

2.0i     2WD  H23年式(新車価格176.0万円)下取り参考価格 53万円   
              H20年式(新車価格174.0万円)下取り参考価格 34万円

2.0i-S   4WD  H23年式(新車価格215.0万円)下取り参考価格 70万円
             H20年式(新車価格207.0万円)下取り参考価格 66万円 
                  

インプレッサG4の特徴とモデルの推移

 1992年登場、レガシィの下位モデルという位置づけのモデルで、3代目の4ドアセダン「アネシス」を、4代目からは「G4」というサブネームに改めらた。

 2011年12月に発売された現行モデルは、3ナンバーサイズの車幅と、ホイールベースを拡大し、室内スペースが広められたことで、後席足元にゆとりを持たせ、広さ感と視界確保を両立し、開放感を高めている。セダンならではのトランクスペースは、スペースそのものを拡大し、分割式トランクスルー機能を採用したことで使い勝手を高めている。

 エンジンには新世代「BOXERエンジンを採用、2.0Lと1.6Lを搭載。トランスミッションはリニアトロニック」を採用する。2.0L車にはパドルシフト式6速マニュアルモードも備えている。さらにリニアトロニック車(「1.6i」を除く)にはアイドリングストップシステムも搭載する。

 4WDには、水平対向エンジンと左右対象のパワートレイン「SYMMETRY」で構成され、重量バランスに優れたスバル独自の4WDシステム「シンメトリカルAWD」を設定する。

 スバル車ではおなじみのアイサイトには、ステレオカメラで監視し、自動ブレーキなどでドライバーをアシストする「アイサイトver.2」に進化している。

 - スバル, 軽自動車-スバル