プレオプラスの値引きと下取りの相場を知っておこう

   

この記事の所要時間: 337

プレオプラスの値引情報

 ダイハツミライースと同じ状況ではあるので、厳しい値引きではあるが、低価格設定の下位グレード以外なら、まともな線まではいく。特に4WDモデルは積雪地域以外なら、もし在庫があればお買い得だ。新古車相場とのせめぎあいになるので、頭打ちはすぐに来るが、何とか二桁を狙いたい。競合車種にはやはりスズキアルトエコが鉄板だろう。燃費で上を行くライバルに対して、その燃費で損させる分を値引きに転換してもらう。 

値引き目標額 10万円

プレオプラスの下取り相場と売却時のワンポイントアドバイス

OEMベース車ダイハツミライースの下取り相場

G(プレオプラスGに相当)       2WD   
 H25年式(新車価格106.7万円)下取り参考価格60万円

X(プレオプラスLに相当)       2WD   
 H25年式(新車価格 94.8万円)下取り参考価格56万円

Gf(プレオプラスGAに相当      4WD   
 H25年式(新車価格116.2万円)下取り参考価格73万円

売却時のワンポイントアドバイス

 もはやハッチバック車の標準になりつつある、この「ミライース」派と「アルトエコ」派。4WDの価格が高いのは東北以北や、山間部での需要が多い軽自動車の特徴。冬でも安心に乗れる4WDは、超低燃費車にとっても必需品なのだ。

プレオプラスのモデルチェンジ情報

 「プレオプラス」のOEM供給元の、ダイハツは2013年8月にミライースの改良を行い、そのJC08モード燃費は33.4km/Lを達成することを発表した。これはハイブリッドを除くガソリン車でトップの燃費性能ということになる 。デビューの2ヶ月後にはスズキが30.2km/Lのアルトエコにより、燃費トップの座をあっさりと譲り渡すこととなっており、。その後アルトエコは、33.0km/Lまで燃費性能を向上させている。わずかではあるが、今回のミライースの改良は実に21ヶ月ぶりに軽自動車における燃費性能首位を奪還することになる。
 当然OEMである「プレオプラス」はその数か月後には登場する予定だ。この辺は、軽自動車の自主生産をやめたスバルにとっては、利益も期待出来ない不毛な燃費競争を後目に、やめて良かったと胸をなでおろしているだろう。

プレオプラスの特徴とモデルの推移

 
 プレオプラスは、すでに販売されているダイハツミラのOEM車種「プレオ」の派生車種として、優れた低燃費と低価格設定を特徴とする「ミラ イース」をベースにしたOEM車種として発表された。そのため外観上はエンブレム類の変更のみにとどまっている。また、既にトヨタブランドからピクシスエポックとして販売されており、3姉妹となる。
 ボディデザインは、「プレオ」に加えて、エコ&スマートを表現した、シンプルで機能性に優れたデザインを採用 燃費向上のために空力性能にもこだわり小変更されている。

 完全に車両が停止する前(約7km/h以下)にエンジンを自動停止する「停車前アイドリングストップ」、減速時の走行車両の運動エネルギーをオルタネーターが電気エネルギーに変換してバッテリーに回生する「エコ発電充電制御」、「高効率エンジンとCVT の採用」、ボディ骨格の設計合理化、内装パーツの構造見直しなど様々な軽量化の取り組みなどを行い、低燃費30.0km/?(JC08モード燃費値)を実現。また、ルミネセントデジタルメーターを採用し、エコドライブアシスト照明などにより、エコドライブをわかりやすく サポートし コンパクトボディでありながら、実用性と快適性を追求した合理的なパッケージを採用している。
グレード構成は、79.5万円と低価格も実現している「E」、装備と低プライスがバランスのよい「F」、アルミホイールなど上質グレードの「L」、 さらに総武アップされた「G」、そしてAWD(4WD)仕様をラインナップする。

スポンサーリンク

 - スバル, 軽自動車-スバル