ジュークの中古車買取価格

   

この記事の所要時間: 746

IMGP1039

ジュークの下取り相場と売却時のワンポイントアドバイス

新車の人気以上に評価が高い査定価格

「ジューク」はSUVでもあり、スポーツハッチやコンパクトカーでもあるという、独自のジャンルを持つ車のため、比較する同クラスの車種が見つかりにくいのですが、最も数多く出る1.5LのFF車で見ると、同車の「ノート」よりも圧倒的に高い下取り相場であることが分かります。

「ジューク」を少しでも高く売却するためには、時期を選ぶのも大切になります。

中古車が多く売れる時期は新車と同じく、3~4月の決算期と6~7月、11~12月のボーナス時期ですが、中古車業者はこのために、それぞれの時期の直前に、商品となる車を仕入れなければなりません。

オークションなどで仕入れてから、店頭に並ぶまでに1ヶ月ほどのタイムラグがあるとすれば、2月5月10月といった時期が、売却する側にとっては高値で売るチャンスだといえます。

この時期と、新車を購入する時期を調整すれば、下取り価格にも良い結果が現れる可能性があります。

さらに、他の新車を購入する際のディーラー下取りであっても、SUVの新規車種や、モデルチェンジされた時には、多銘柄のSUVが通常より高く下取られるケースが多く、この時だけは、新車を拡販するために、メーカーからの補助が出る為、採算を度返ししてでも高値で下取るので、買取り店だけではなく、ディーラーの下取りにも期待が持てます。

下取り参考価格表

車種・グレード 年式 駆動方式 新車価格 下取り参考相場
15RS 2015 2WD 160.9 100.0
15RSタイプV 2013 2WD 154.3 84.0
15RS 2010 2WD 161.0 64.0
16GT 2015 2WD 216.5 126.0
16GTタイプV 2013 2WD 211.5 103.0
2010 2WD 208.5 81.0
16GT FOUR 2015 4WD 241.5 142.0
16GTタイプV FOUR 2013 4WD 236.5 115.0
16GT FOUR 2010 4WD 233.5 93.0
比較車種
ノートXDIG-S 2015 2WD 151.9 77.0
2013 2WD 142.8 55.0
15G 2010 2WD 168.0 38.0
インプレッサスポーツ1.6i 2015 4WD 166.0 121.0
2013 4WD 166.0 96.0
インプレッサ1.6i-S lim 2010 4WD 173.0 86.0

ジュークと国産スポーツハッチバックの人気と下取り相場

少なくなるスポーツハッチ、軽自動車が希望 

「ジューク」はその見た目からSUVと思われがちですが、量販車種の1.5LモデルにはFFの設定しかなく、1.6Lには4WD車の設定があるもものの、オフロードのイメージはなく、スポーツハッチバックとしての性格が強い。

個性的なデザインが特徴の「ジューク」は、NISMOバージョンの設定でさらに尖がった車種に進化しています。

同じような車種に同車の「マーチ」があり、リッターカーという低燃費低価格が売りのコンパクトカーよりさらに下位のクラスであり、軽自動車からの代替需要を狙う、普通乗用車のエントリーモデルでありながら、「ジューク」同様にNISMOバージョンを設定するなど、スポーツハッチとしてのジャンルに食い込んでいます。

他メーカーのスポーツハッチバックというのは、過去に多く存在しましたが、今ではスズキの「スイフトスポーツ」くらいでしょうか。

あとは既存のモデルを、メーカーチューンした特別仕様にすることが主流になり、トヨタのG’sやホンダのモデューロなどがあります。

それぞれ一定のファンがおり、ベース車以上の評価受けることが多く、また社外品を後付けするよりも信頼性が高いため、下取りや買い取りにおいても、積極的に高い価格が付けられています。

しかし、新車での販売においては芳しくなく、ベース車に対しての割高感もあるため敬遠されがちです。

例えば、「ジュークNISMO」を購入する予算で、「トヨタ86/スバルBRZ」や「マツダロードスター」が購入できるのであれば、結果は明白であると思います。

ただし、唯一スポーツハッチ復権の可能性があるとすれば、軽自動車の「アルト・ワークス」でしょう。

手軽な価格で維持費も少なく、日常の足としても十分こなせ、走る楽しさも備えている、まさに現代のスポーツハッチの見本のような車種です。

ジュークの特徴とモデルの推移

2010年6月に発売された「ジューク」は、コンパクトカーのキューブをベースに「クロスオーバー・コンパクトSUV」として開発され、海外でも生産、販売されています。

クーペとSUVを融合させたようなエクステリアデザインが最大の特徴で、個性的なフロントマスクのヘッドランプはラリーカーの大型フォグランプをイメージしたもので、テールランプの形状には、フェアレディZなどのような、ブーメラン型が採用されています。

また、リアのドアノブをピラー上にレイアウトすることで2ドアクーペ風にデザインされ、スポーティさを強調しています。

インテリアで最も特徴敵なセンターコンソールは、バイクのタンクをイメージしてデザインされており、赤もしくは黒で仕上げることでスポーティさと使い勝手を両立させています。

さらに上級車種のコンソールには多目的ディスプレイ「インテリジェントコントロールディスプレイ」を導入しています。

スポンサーリンク

 - SUV/ワゴン