フェアレディZの買取相場と値引き交渉のポイント

   

この記事の所要時間: 83

フェアレディZ

フェアレディZの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

新車でも需要が少ない排気量の大きいスポーツカーは、中古車市場においても事情は変わらず、売りずらいようだ。豊かさの象徴とでもいうべきスポーツカーが下取り価格でも高値を付けるには、本格的な景気の回復を待たねばならないようで、その未来は明るくない。ロードスターはなおさらで、これは購入しやすい中古車のオープントップで楽しむ文化が日本には根付いていないことにもよる。したがって、クーペ、ロードスターともにユーザーががっかりする下取り価格が待っている。このような車種こそ買取専門店を利用すべきだろう。スポーツカーや「Z」を専門に扱う中古車店も多く存在するので、少なくともディーラー査定よりは上だ。

下取り参考価格表

車種 グレード 年式 新車価格(万円) 駆動方式 下取り参考相場(万円)
Z 2014 360.0 2WD 225
2008 360.0 2WD 143
Z バージョンST 2014 430.0 4WD 268
2008 430.0 4WD 171
ロードスターZ 2014 418.0 2WD 228
2009 418.0 2WD 154
ロードスターZバージョンST 2014 488.0 2WD 259
2009 488.0 2WD 175

フェアレディZの新車値引情報

 多くのスポーツカーや興味性の高い車種の場合、競合させて値引きの多い方を買うといったコンパクトカーなどと同じ購入方法はとらない。性能やスタイルにほれ込んで、1車に絞って交渉するはずで、ディーラーもよくわかっている。どれだけ真剣に検討しているのかを見定めることに注視している。是非ほしいのだが少しでも安く手に入れたい、という気持ちがうまく伝えられれば、ディーラー側も真剣に交渉に応じてくれる。「ポルシェはいくらだった」とか「レクサスはこうだった」というような話には耳を貸さず、「Zですから」の一言で話は膨らまない。じっくりと時間をかけて、何度も足を運ぶことも必要になる。

 クレジットの選び方も重要になる。少しの金利の差が、長期のクレジットを組むと、値引きの額など吹っ飛んでしまいかねない。ディーラーでもキャンペーンで低金利を提供する時があるので、情報は多く集めた方がいい。

値引き目標 30万円

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 専門店の買取価格はもっと高いはずだが、このモデル自体の人気が「Z」の中でも高くないのを知っておくべきだ。車両価格に見合うような豪華さがなく、チープな印象が目立つ。NISMOバージョンのような正統派のチューニングカーの価値は高いものの、出来の悪いエアロパーツが装備されたものがときおり見かけられるが、下取り時にはノーマルに戻す方が無難だ。販売時の価格が高いため10年以上たっても価格は残るが、走行距離が多くなりがちな車両なので注意が必要。タイヤの摩耗もサイズが大きく値段も高いので、消耗度合の減点も大きい。10年も乗っていると、オリジナルのステアリングやホイールが紛失しているケースもあるので、保管には気負付けた方がいいでしょう。

下取り参考価格表

車種 グレード 年式 新車価格(万円) 駆動方式 下取り参考相場(万円)
Z 2008 330.0 2WD 88
2002 310.0 2WD 24
Z バージョンST 2008 385.0 2WD 105
2002 360.0 2WD 37
ロードスター 2008 371.0 2WD 128
2002 360.0 2WD 53
ロードスター バージョンST 2008 435.0 2WD 134
2002 390.0 2WD 56

フェアレディZの特徴とモデルの推移

 1969年から発売される日本を代表するスポーツカー。現行モデルは通算6代目にあたり、2008年12月にデビューした。先代である「Z33型」から排気量を200cc増加し、ホイールベースを100mm短縮、日本国外においては「370Z」として販売されている。

 デザインに際しては空力性能も考慮され、クーペについてはCd値: 0.30、フロントゼロリフトを達成。リアスポイラー装着でリアゼロリフトも両立し、オプションのエアロキット装着車ではCd値0.29を実現している。また、ロードスターについてもセグメントトップの空力性能を誇る 。

 プラットフォームはスカイラインクーペのものが基本的なベースとなり 後半部分は完全に新設計 となっている。構造変更やアルミニウムの採用拡大などにより、先代の「Z33型」と同水準の車両重量を維持することに成功している。ロードスターについては、オープン化による剛性減少を抑えて先代よりねじり剛性を40%向上しつつ、同時に50kg程度の軽量化を果たしている 。

エンジンには、CV36型スカイラインクーペと共通のV63.7LVQ37VHR型エンジンが搭載され、マニュアルモード付き7速ATと6速MTが組み合わせられた。

 2014年末から2015年にモデルチェンジが予定される次期モデル「Z35型」については、「フェアレディZ」より一つ下のサイズのEVスポーツコンセプトカー「インフィニティ・エマージ」が発表されていて、なめらかな曲線は次期「フェアレディZ」にも取り入れられると見られている。搭載されるエンジンについては、排気量は現行の3.7Lから3.0Lへ大幅ダウンすることになる。

スポンサーリンク

 - ハッチバック/スポーツ