デュアリスの値引きと下取りの相場情報

   

この記事の所要時間: 345

デュアリスの新車値引情報

 現在(2014年2月)在庫一掃セール中なので、チャンス到来だ。但しグレードやボディーカラーは望みのものが手に入るかどうかは早いもの勝ちだ。とはいえ3色しかないが。2WD、4WDともに「20G URBAN BLACK LEATHER II 」の在庫が一番多いとみられ、ベース車より20万円高ではあるが、見栄えも良く安く購入できればかなりのお得感が味わえるだろう。

値引き目標額 40万円

デュアリスの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 H19年式「20G」と、同じ年式、価格帯「エクストレイル20X」を比べてみよう。すると「エクストレイル」のほうが20万円ほど下取り相場が高い。これが生産を終了する理由なのだろう。しかし、「デュアリス」の評価はけっして低いわけではなく、英国で生産された初期モデルを探すユーザーもいるほどだ。

下取り相場

20G        2WD  H25年式(新車価格219.8万円)下取り参考価格 125万円
                 H19年式(新車価格211.5万円)下取り参考価格  78万円 

20S        2WD  H25年式(新車価格199.8万円)下取り参考価格 106万円
                 H19年式(新車価格186.0万円)下取り参考価格  68万円

20G FOUR  4WD  H25年式(新車価格239.5万円)下取り参考価格 145万円
                 H19年式(新車価格238.5万円)下取り参考価格  88万円

デュアリスのモデルチェンジ情報

 「デュアリス」の欧州版「キャシュカイ」は新型の販売にともない、日本国内で販売される「エクストレイル」と同型になった。これによって、国内の日産製ミドルサイズSUVは「エクストレイル」に一本化された。2007年の登場から高い評価を受け、新たなSUVブームのキッカケにもなった同車だが、「ムラーノ」「エクストレイル」「ジューク」という日産にしては多すぎるSUVラインナップの整理対象に選ばれてしまったようだ。しかし、新型エクストレイル」はだれが見ても「デュアリス」の新型にしか見えない。
 

デュアリスの特徴とモデルの推移

 2007年5月に発売された「スマート&コンパクトクルーザー」をコンセプトに、ヨーロッパの拠点を中心に開発した ミドルサイズのクロスオーバーSUV。SUVとすることで、コンパクトハッチバックの、取り回しが良く軽快感あるドライブフィールと、SUVとして充分な室内空間による居住性の高さとを両立している。

プラットフォームはCプラットフォーム、エンジンは直列4気筒のMR20DE型+CVTの組み合わせのみが用意される。
駆動方式はFFまたは4WDで、4WDはエクストレイル同様、電子制御で前後輪への最適なトルク配分を行うALL MODE 4×4を採用。通常は前輪駆動で効率的に走り、必要な時は自動的に4WDに切り替わる。

 フロントストラット式、リアマルチリンク式のサスペンションには、日本車としては初の減衰力特性に優れたザックス社製ハイスピードコントロールショックアブソーバーが組み合わされ、走行条件のより厳しい欧州市場をターゲットにした開発を行うことで、"走る"、"曲がる"、"止まる"といった走りの基本性能を高め、これまでのSUVとは一線を画すキビキビかつ安定した操舵性を実現している。

 特徴的な装備としては、室内快適性能「インナーグリーン」として、広い開口部の「スタイリッシュガラスサンルーフ」があり、電動ワンタッチ格納式のサンシェードも装備している。

 発売から2007年12月までは英国サザーランド工場で生産されていた。2013年の「エィストレイル」発売による統合で、国内向けの生産を中止、現在は在庫販売のみになっていて、グレードは「20」Gと「20G URBAN BLACK LEATHERⅡ」を2WDと4WDにそれぞれ設定している。国内販売そのものも、2014年2月には終了する予定だ。

 - 日産, SUV/ワゴン