パジェロの値引きと下取りの相場情報

      2015/03/16

この記事の所要時間: 413

新しい記事
パジェロの買取相場と値引き交渉のポイント 2015-03-16

パジェロの新車値引情報

 熱心なファンも多く、指名買いも多数を占める車種であるが、国産車の競合車種「ランドクルーザー」以外に、輸入車にも目を向けると「ジープ」も視野に入る。他車にも興味があることを示すことが重要になる。クリーンディーゼル車がメインとなっており、中でも「GR」が比較的安価でねらい目だ。「エクシード」系を勧められるが、50万円以上の価格差は厳しい。どうしてもというならガソリンの「エクシード」を狙いたい。値引き額もこちらの方が大きい。

値引き目標額 35~40万円

パジェロの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 数少ない国産ヘビー級4WDだけに、下取り相場は安定している。新車販売が景気の動向で左右されるだけに、ここ数年は玉不足状態が続いており、高年式車の相場は期待できる。3.8Lは人気薄。

下取り相場

3.0ロング エクシード   4WD  H25年式(新車価格350.0万円)下取り参考価格 247万円
                      H18年式(新車価格333.0万円)下取り参考価格 137万円

3.8ロングスーパーエクシード 4WD  H24年式(新車価格426.0万円)下取り参考価格 222万円
                           H18年式(新車価格426.0万円)下取り参考価格 134万円

ショート VR-Ⅰ  4WD      H25年式(新車価格268.0万円)下取り参考価格 148万円
                    H18年式(新車価格244.0万円)下取り参考価格  81万円

パジェロのモデルチェンジ情報

登場が2015年以降とされる、次期「パジェロ」を予想させるコンセプトカー「Concept GC‐PHEV」が、2013東京モーターショーで発表されている。パワーユニットには、V6 3.0L スーパーチャージャーエンジンが採用され、トランスミッションは8速ATで、高出力のアシストモーターが配置される新開発ハイブリッドシステムとなっている。エクステリア等のデザインに関しては、コンセプトモデルから市販車を予想するのは難しいが、空気抵抗の低減と居住スペースの拡大がテーマであることは間違いない。

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 マニアックなユーザーには、旧タイプの方が評価は高い。とは言っても乗用車として大量にさばける時代ではないため、走行距離などが少ない極上車での話だ。

下取り相場

3.8ロングスーパーエクシード 4WD  H18年式(新車価格446.0万円)下取り参考価格 57万円

3.0ロング ZR      4WD  H18年式(新車価格286.0万円)下取り参考価格 58万円

3.0ショート ZR      4WD  H18年式(新車価格266.0万円)下取り参考価格 47万円
                         

パジェロの特徴とモデルの推移

 初代が発売されたのは1982年。現行モデルで4代目になる日本を代表する本格派の四輪駆動車である。2006年登場の4代目は、モノコックボディにラダーフレームを熔接した、ラダーフレーム・ビルトイン・モノコックボディで、単純なラダーフレーム車に比べて、ねじれ剛性・曲げ剛性ともハイレベルなボディ剛性を達成している。 その結果、走行性能と快適性を軽量で高剛性なモノコックボディで実現し、路面からの衝撃にはラダーフレームが無類の強さを発揮している。

 サスペンションは、先代から踏襲されている、フロント:ダブルウイッシュボーン・コイルスプリング式独立懸架、リア:マルチリンク式ダブルウィッシュボーン・コイルスプリング、独立懸架の4輪独立懸架式サスペンション。そして前後の駆動配分を自動的に制御する「スーパーセレクト4WDII」。またASTC(アクティブスタビリティ&トラクションコントロール)の搭載する。

 当初のエンジンは V型6気筒SOHC24バルブ3,828ccとV 6気筒SOHC24バルブ 2,972ccが搭載され、後に 直列4気筒DOHC16バルブICターボ 3,200cc を搭載、そして2010年9月には、パジェロ史上最大トルクとなる45.0kg・mを発生する、クリーンディーゼルエンジン 直列4気筒DOHC16バルブICターボ 3,200ccが搭載された。

 エンジン以外のバリエーションとして、7人乗りのロングボディと5人乗りのショートボディがある。

 - 三菱, SUV/ミニバン/ワゴン