RVRの値引きと下取りの相場情報

      2014/12/09

この記事の所要時間: 358

新しい記事
RVRの買取相場と値引き交渉のポイント 2014-12-09

RVR

RVRの新車値引情報

 多少なりとも盛り上がりを見せるSUVクラスの市場だが、それはニューモデルのこと。「RVR」のような従来型モデルには、ユーザーは中々目を向けてくれないだろう。競合相手にはメーカー自らが「ベンチマーク」と言い切るほど意識しまくる日産「ヂュアリス」を選ぶ。値引きにおいても「ベンチマーク」してくれるだろうか。(意味が今一つわからないが)

値引き目標額 30~33万円

RVRの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 手ごろな価格のSUVということで人気はあり、値落ちは非常に少ない。しかし、ライバルの日産「デュアリス」よりは大きく落ちる。同じ年式のH22年式「20G FOUR新車価格239.5万円」が145万円の下取り相場なのだ。

下取り相場

E    2WD H25年式(新車価格176.0万円)下取り参考価格 97万円
           H22年式(新車価格170.0万円)下取り参考価格 93万円
 
M    2WD H25年式(新車価格189.1万円)下取り参考価格111万円  
           H22年式(新車価格183.0万円)下取り参考価格 98万円
       
G    4WD H25年式(新車価格235.3万円)下取り参考価格139万円
           H22年式(新車価格233.3万円)下取り参考価格129万円

RVRのモデルチェンジ情報

 次期「RVR」を示すモデルとされる「コンセプトXR-PHEV」を東京モーターショーに出展した。ボディサイズはCセグメントクロスオーバーSUVのサイズに収めてきた。現行「RVR」と比較して、全高は低く抑えられるとともにロングボディ化しており、スポーティーな印象が強まる。搭載されるパワーユニットは、136psを発生する1.1Lガソリン直噴3気筒ターボエンジンに、88psのアシストモーターを備えた新開発ハイブリッドシステムとなっている。
  次期「RVR」としての市販が想定される時期は2015年となっている。現行「RVR」販売期間5年を経てフルモデルチェンジされる。

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 さすがに10年以上前になる前モデルには、上級モデルにも通常は価格は付かない。しかし、流通する台数も少ないため、程度のいいものは意外な価格がつく可能性があるのがSUVの特徴でもある。

下取り相場

2.0スポーツギアX3   4WD H14年式(新車価格258.0万円)下取り参考価格 7万円

1.8スーパーエスクード 2WD H14年式(新車価格223.8万円)下取り参考価格 1万円

RVRの特徴とモデルの推移

 2002年8月に生産を中止した2代目から、2010年2月に約7年ぶりに復活した3代目「RVR」は、「アウトランダー」ベースのコンパクトSUVに生まれ変わった。
 三菱自動車のデザインアイデンティティである「ジェットファイターグリル」を採用 し、SUVならではの高いアイポイントによる視界の良さと、軽量でコンパクトなボディによる取り回しやすさを実現し、幅広い用途に対応する十分なスペースユーティリティをあわせ持つ新時代のコンパクトSUVとしている。

 パワートレーンンは、102kw(139ps)の1.8L・MIVEC・SOHCエンジンを採用し、 INVECS-Ⅲ6速スポーツモードCVTとの組み合わせになる。

 2012年10月のマイナーチェンジにおいて、前後バンパーのデザインや造形を変更。インテリアではメインシート生地の柄を変更。CVTは制御技術を改良して加速性能を高め、リヤサスペンションやショックアブソーバー、スタビライザーのチューニングを行った。
 また、アイドリングストップ機構「AS&G」を標準装備したことで、燃費を大幅に向上、FF車で15.8㎞/L、4WD車で15.0㎞/LのJC08モード燃費率になっている。さらに、 アクティブスタビリティコントロール(ASC)とヒルスタートアシストも標準装備している。

 「E」「M」「G」の基本グレードに加えて、専用パーツを装備したスポーツカスタムモデルの「ROADEST」がラインナップされている。

 - 三菱, SUV/ミニバン/ワゴン