ギャランフォルティスの値引きと下取りの相場を知っておこう

      2014/10/09

この記事の所要時間: 49

新しい記事
ギャランフォルティスの買取相場と値引き交渉のポイント 2014-10-09

ギャランフォルティスの値引情報

 忘れ去られたこの4ドアセダンを選ぶなら、「RALLI ART」だろうと思ったが、ほんのわずかプラスすると「EVOⅩ」が手に入ってしまうので、100万円を節約して「SUPER EXCEED」。「スポーツバック」は余程スタイルが気に入った人以外には、存在する理由がわからない。「ギャランスポーツ」というまったく売れない車種があったが、その再来だろうか。競合車種は「アリオン」「シルフィー」、4WDなら「インプレッサG4」。新型「ekワゴン」拡販に忙しい三菱ディーラーがどれだけやる気を見せるか注目したい。

値引き目標額 28~30万円

ギャランフォルティスの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

下取り相場

セダン ラリーアート  4WD H24年式 (新車価格286.0万円) 参考価格196万円
H20年式 (新車価格286.0万円) 参考価格118万円

セダン スーパーエクシード 2WD H24年式 (新車価格199.0万円) 参考価格105万円
H19年式 (新車価格185.0万円) 参考価格 47万円

セダン エクシード 2WD H24年式 (新車価格175.0万円) 参考価格 90万円
H19年式 (新車価格170.0万円) 参考価格 42万円

スポーツバック スポーツ 4WD H24年式 (新車価格233.0万円) 参考価格136万円
H20年式 (新車価格226.0万円) 参考価格 96万円

売却時のワンポイントアドバイス

 4ドアセダンの平均がこんなものだろうか。スポーツバックは4WDが意外に人気がある。 

ギャランフォルティスのモデルチェンジ情報

 シドニーモーターショー12の会場で、三菱自動車の益子修社長は、「次期ギャラン フォルティスは、現行型よりも小さくなる」と、話したという。
 フルモデルチェンジの予定は2014年とも発言。次期モデルはダウンサイジングされることが明らかになっており、ボディデザインは現行ミラージュの流れになるとされているので、かなりのサイズダウンになる。エンジンも小型化され1.5L、1.8Lとなる。 さらに、次期ギャランフォルティスをベースに高出力エンジンを搭載させた「ランサーエボリューション?」としての発売も明言しており、期待されている。

ギャランフォルティスの特徴とモデルの推移

 セダンが2007年8月に、スポーツバックが2008年12月に発売される。「ランサー」の後継機種になる。歴代ギャランを意識した逆スラントノーズと台形グリルの組み合わせによる「ジェットファイターグリル」が特徴の4ドアセダン。セダン需要が縮小する中でも、根強いセダン志向を持つ40 ? 60代と言われるターゲットユーザー層にも扱いやすく居心地の良い空間づくりを目指している。
 エンジンは発売当時は、直4DOHC2.0Lと1.8Lをラインナップしたが、マイナーチェンジで「RALLIART」以外はSOHCの1.8Lに統一された。
 登場から一年後には5ドアハッティバックの「スポーツバック」を追加設定。全車に「RALLIART」と共通のフロントマスクを採用。リヤに大開口のテールゲートを備え、ユーティリティ向上を図っている。また、分割可倒式を採用したリヤシートはカーゴルームは、2段階高さ調整付のカーゴフロアを備えインテリアの構成や装備は基本的にセダンと変わらない。

2008年7月 「RALLIART」を追加設定。専用バンパー、アルミボンネットなどを装備。エンジンはランエボXと同じ4B11型2L・MIVECインタークーラーターボエンジンを搭載するが、シングルスクロールターボチャージャーを採用し出力は240PSに抑えられている。同時にシリーズ全体も一部改良される。

2008年12月 「スポーツバック」を発売。

2009年12月 マイナーチェンジ 「RALLIART」を除く全てのグレードを1.8Lに変更し、燃費を向上。

スポンサーリンク

 - 三菱, 中・大型・高級