ekワゴン&デイズのカスタム~腰高感の解消

   

この記事の所要時間: 355

ekワゴン:カスタムとデイズは「NMKV:nisann mitsubishi kei vehicleという、両社が出資して設立した会社によって開発をされた軽ワゴンタイプの車になる。

発売は両社同時に、2013年6月になる。

サイズと重量は、全長3,395mm 、全幅1,475mm、全高1,620mm 、重量
820kg ~900kgとなっている。サスペンションはフロントがマクファーソンストラットで、リアが3リンク&コイルを採用している。

エンジンは3B20型ストレート3 0.66リッターのNAと、同型のターボが選べるようになっている。これを受ける駆動方式は、FF/4WDで、トランスミッションは エレクトロニックCVTで統一されている。

スポンサーリンク

足回りをカスタマイズして腰高感を改善

このタイプのボディーにはつきものの「グラリ」とくる腰高感は、程度の問題はあるがぬぐいきれていない。いきなり、いっきにグラリという感じではないのだが、コーナリングの早い時期に腰高感を露呈してしまい、ドライバーはあまりいい気持ではない。

本来ならばトールスピードをコントロールする手段をこうじて、ドライバヴィリティーを改善しなくてはならないのだが、市販車のばあいこれをやると乗り心地にかかわるので、妥協点が低くなるのだろう。

バネレートをある程度上げてダンパーの減衰力との相乗効果で、ロールスピードをコントロールして、ロールをしきる前にコーナーを抜けてしまうようなセッティングをすることが好ましい。これをやると物理的な側面よりも、ドライバーのメンタル面に大きな効果がある。安心してステアリングを切り込めるので、ノーマルの時よりも思った通りのラインを描くことができるようになるのでおすすめしたい。

ダイナミックボディー剛性でラインをトレース

サスペンションを固めてハンドリングの向上を求めたら、よりきれいに狙ったラインをトレースできるように、ダイナミック時のボディー剛性を高めることをおすすめしたい。

現代の車の構造上サブフレームにサスペンションやエンジンを載せて、それを基本構造のボディーに接合しているので、この部分に応力がかかるとある程度動いてしまうことは仕方がない。これをなるべく動かないようにして、ソリッドな感覚にすると、嘘のようにハンドリングが変わることはよく知られている。

このサブフレームとボディーの接続を強化する手法はいくつかあるので、どれを選ぶのかは予算と好みの問題になる。

サスペンションの強化とセットでやると相乗効果で、狙ったラインを多少強引にでもトレースすることができるようになる。

ドライビングテクニックが一気に上がったような感覚になり、余裕をもって運転ができるのでおすすめしたいカスタマイズになる。

ちょっとプアな軽のブレーキを強化

一気にハンドリンカーになるとやはり安全と思われる状況下では、「飛ばしたい」という欲求が出ることは仕方がない。

そうなるとブレーキはちょっとプアーなので、これは強化しておきたい。全備重量だと1t越えの車重をコントロールするためには、やはり「ブレーキ4点セット」をおすすめしたい。

このクラスだと対向4ポッドの高剛性キャリパー、耐フェード性の高いパッド、高沸点タイプのフルード、ステンレスメッシュで補強をしたラインの4点で武装をすると、相当タフで強力な効きを示すぶれーにすることができる。

連続した長いくだりでの使用でも簡単には音を上げない、そんな信頼感のある高性能なブレーキにすることができるので、ぜひおすすめしておきたいカスタマイズになる。

サスの強化とボディー剛性、そしてブレーキをセットでやることをおすすめしたい。

ロムの書換えと吸排気効率の改善でエンジンをチューン

NAのエンジンは軽ならではのとろさを感じさせてくれるので、これを吸排気系の高効率化をする。その仕様に合った燃調を取り直す意味と、空き領域をつかえるようにする意味でロムを書き換えると、体感できるぐらいのパワーとトルクを手に入れることができる。

ターボのばあいにはブースト圧を上げるキットが発売されているので、より簡単にハイパワーを手に入れられる。ただし、燃調の取り直しをしておかないと、タービンユニットに悪影響がある場合もあるということなので、必ずやっておくことをおすすめしたい。 

あとはエアロを付けて、タイヤとホイールを替えることと、シートをスポーツタイプのバケットシートに交換することをおすすめしておきたい。

スポンサーリンク

 - 三菱, 軽自動車-三菱, 軽自動車-日産 ,