フレアの値引きと下取りの相場情報

   

この記事の所要時間: 356

1024px-Mazda_Flair_XG_MJ34S
By DY5W-sport (Own work) [CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons

フレアの新車値引情報

 基本的に「ワゴンR」と同じ値引き条件ではあるが、軽トールワゴンを販売の柱とするスズキディーラーと、出来れば登録車を販売したいマツダディーラーの営業姿勢は大きく違う。マツダディーラーでは軽自動車として限界に近い数字が簡単に提示され、商談にあまり時間をかけない傾向にあるようだ。利益率の高い登録車販売になれた営業マンの販売手法と、値引き限界が低い軽自動車はミスマッチのようで、大人気車種のOEM供給を受けながらも、販売台数がまったく伸びない原因でもある。
 
値引き目標額 11~14万円

フレアの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 人気車種のOEM車両ながら、あまりにも販売台数が少ないため下取り事例がなく相場が決定していないほど。しかし、実際には「ワゴンR」と変わりはなく、最強の価格が付くのは間違い無い。

下取り相場
「フレア」の下取り相場情報が未取得な為、OEM元のスズキ「ワゴンR」の下取り相場を掲載します。

FX   2WD  H24年式(新車価格106.7万円)下取り参考価格 65万円

FX   4WD  H24年式(新車価格116.9万円)下取り参考価格 75万円

FXリミテッド 2WD  H24年式(新車価格119.0万円)下取り参考価格 70万円

フレアのモデルチェンジ情報

 2012年に発売したOEM元のスズキ「ワゴンR」は、2013年7月に30.0㎞/Lの低燃費や装備の変更を施し、ビッグマイナーチェンジで登場して以来、目立った改良はなく、今後の改良予定も聞かれない。燃費トップの座は未だにキープし、販売台数でも最大のライバルであるダイハツ「ムーブ」に差を付けている。しかし、ダイハツも2010年発売開始の「ムーブ」が、「ワゴンR」より2年長いモデルのため、早々にモデルチェンジを迎えるため、燃費競争が再燃することが明白である。これ以上どうやって燃費を伸ばすのか、あるいは燃費以外の魅力を獲得できるかの正念場である。

前モデル「AZ-ワゴン」の下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 現行モデルに負けず大ヒットした旧「ワゴンR」と同タイプなだけに、下取り相場では「ワゴンR」と差はないようだ。同社の「デミオ」より高い相場が付いている。

下取り相場

XG  2WD  H24年式(新車価格103.5万円)下取り参考価格 51万円
          H20年式(新車価格103.5万円)下取り参考価格 34万円

XG  4WD  H24年式(新車価格114.7万円)下取り参考価格 65万円
          H20年式(新車価格114.7万円)下取り参考価格 44万円

XGリミテッド 2WD  H24年式(新車価格123.5万円)下取り参考価格 66万円
XT       2WD  H24年式(新車価格130.0万円)下取り参考価格 45万円

フレアの特徴とモデルの推移

 マツダが発売する軽トールワゴン。マツダは1994年からスズキ「ワゴンR」のOEM供給を置け、マツダ「AZワゴン」の名称で発売してきた。「フレア」の名称は2012年に「ワゴンR」がフルモデルチェンジされたことを受けて発売された時から改名した。したがって現行モデルは「フレア」としては初代となる。

 エンジンなどパワートレインは旧「AZワゴン」と共通で、インタークーラーターボ搭載車も設定する。また、「ワゴンR」同様5MTも追加設定されている。速度が13㎞/h以下になるとエンジンが停止する、停車前アイドリングストップシステムも全車標準装備された。車専用鉛バッテリーとリチウムバッテリーに充電し、蓄えた電力を電装品に供給する「エネチャージ」も搭載する。

 「ワゴンR」との相違点としては、エンブレム類の変更に加えて、メッキフロントグリルとメッシュタイプの五角形ロアグリルなど、専用のフロントデザインが与えられている。また、標準装備やメーカーオプションなど装備内容に若干の違いがある。
 

スポンサーリンク

 - 軽自動車-マツダ