アクセラ/アクセラスポーツの値引きと下取りの相場情報

      2013/11/23

この記事の所要時間: 430

アクセラ/アクセラスポーツの新車値引情報

 ハイブリッドとディーゼル以外なら問題ない。マツダディーラーもスポーツなら積極的にNAエンジン車をセールスするはずで、中心は新しい「SKYACTIV-1.5G」のはず。安価であり、パフォーマンスも向上している。

新型アクセラスポーツ

割高なディーゼルとの経済的な比較を展開するはず。そこでスポーツなら、1.5Lで話を進めながらも最終的に2.0Lを狙う。セダンでは納期の定まらないディーゼル中心の交渉過程で、納期のいくらかましなハイブリッドなら交渉の余地があるのかを探る。いずれにせよ出来れば来春まで待ちたい。

値引き目標額 NA車25~28万円 ハイブリッド/ディーゼル車10~15万円

アクセラ/アクセラスポーツのモデルチェンジ情報

 2013年11月発売時点では、セダンにおいては、30.8㎞/Lの低燃費を誇るハイブリッドモデルに人気は集中すると思われる。しかし、本命は遅れて登場するディーゼルエンジン「SKYACTIV-D2.2」搭載モデルだ。「アテンザ」と同じパワーユニットをより軽量な「アクセラ」に搭載することで、魅力あるクルマに変身する。どうしても「プリウス」以下でしかないハイブリッドよりもマツダの期待も大きい。

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 市場の流行にあまり左右されない4ドアセダンだが、トヨタの「プレミオ」と比較するとH21年式では大きく差が付いてしまう。ハッチバックのスポーツでは同じくトヨタの「オーリス」も同程度の相場で、セダンより低いのは昨今のオーバー1.5Lクラスハッチバックタイプの低迷ぶりを象徴している。

下取り相場

15C            2WD  H21年式(新車価格158.1万円)下取り参考価格 86万円
                          
20E            4WD  H25年式(新車価格200.0万円)下取り参考価格105万円
                          H21年式(新車価格200.0万円)下取り参考価格 91万円

20Eスカイアクティブ   2WD  H25年式(新車価格195.2万円)下取り参考価格 82万円
                     H23年式(新車価格195.2万円)下取り参考価格113万円

スポーツ15C       2WD  H21年式(新車価格158.1万円)下取り参考価格 81万円

スポーツ20E       2WD  H25年式(新車価格200.0万円)下取り参考価格 99万円
                    H21年式(新車価格200.0万円)下取り参考価格 67万円

アクセラ/アクセラスポーツの特徴とモデルの推移

 2,003年に初代が発売された、4ドアセダンの「アクセラ」と、5ドアハッチバックの「アクセラスポーツ」の2種のボディタイプを設定する、マツダの世界戦略車。 国内では「ファミリア」の後継車種でありながらも、ヨーロッパにおけるCセグメント車の市場を見据えた幅広の3ナンバーサイズボディを持つ。

 2,009年に登場した2代目は、2,011年のマイナーチェンジにより「SKYACTIV TECHNOLOGY」を導入。2.0LモデルにPE-VPS型直噴エンジン「SKYACTIV-G2.0」を搭載するとともに、新型6速AT「SKYACTIV-DRIVE(スカイアクティブ ドライブ)」も搭載した。

 2,013年11月発売の3代目では、2.0Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に加え、従来の1.5Lモデルも新開発の「SKYACTIV-1.5G」を採用。そしてディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 2.2」。セダンにはトヨタからの技術提供を受けた「SKYACTIV-HYBRID」を採用し、国内メーカーでは初めての4タイプのエンジンラインナップとなった。

 マツダの新世代商品共通のデザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を採用したボディデザインは、ダイナミックで生命感のある動きをコンパクトなCセグメントのサイズで実現。低く構えたグリルに、重厚な質感の「シグネチャーウイング」を採用した精悍なファミリーフェイスを採用している。

 インテリアでは、ステアリングや単眼メーターとドライバーの体の中心を同軸にレイアウトし、クルマとドライバーの一体感を演出するとともに、一目で高い質感を感じさせる、先進的なインテリア造形とした。また、「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」の採用機種をラインナップする。

 加えて「アテンザ」で採用した先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」、新たに開発した独自の新カーコネクティビティシステム「MAZDA CONNECT(マツダ コネクト)」を搭載するなど、同社の最新技術を満載したモデルになっている。

 - マツダ, セダン/スポーツ-マツダ ,