アテンザワゴンの値引きと下取りの相場を知っておこう

   

この記事の所要時間: 339

アテンザワゴンの値引情報

 セダンより人気のあるワゴン。その中でもクリーンディーゼルの「SKYACTIV D2.2」は大人気。受注の8割近くを占めるという。しかし、ガソリン車に比べて高い。その差額をいかに埋めるかだが、正直ディーゼルはきつい。差額すべて埋めるほどの値引きは期待できない。ここは流行に惑わされず、十分な走行性能と燃費で、リーズナブルなガソリン2.0Lモデルをお勧めする。恐らくディーラー営業マンも、ディーゼルへの偏りをなくすため、ガソリン車の利点を熱心に教えてくれる。人気のディーゼルをあきらめる変わりに値引きの方を。

値引き目標額 26~29万円

アテンザワゴンのモデルチェンジ情報

 当面なし。新型「アクセラ」発売にともなう細かな仕様変更や、グレードが少なく、ユーザーの選択肢が少ないため、追加グレードや特別仕様の設定は可能性あり。

アテンザワゴンの特徴とモデルの推移

 
 2012年11月発売。「ワゴン」の名称に改められる。高効率かつパワフルな新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を設定するなど、SKYACTIV技術を全面的に採用し、 アイドリングストップ機構「i-stop(アイ・ストップ)」や減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」を全車に搭載。クリーンディーゼルエンジン搭載車は、3ナンバーのワゴンとしてトップの優れた燃費性能(ハイブリッド車除く)を実現した。また、高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に加え、新開発の「SKYACTIV-G 2.5」をラインナップしている。ミッションには、「SKYACTIV-DRIVE」(6AT)を設定し、ディーゼルエンジン車には、「SKYACTIV-MT」(6MT)を搭載した機種も用意した。
 また、セダンより80ミリ短いホイールベースとなっており、リアのタイヤ位置とサスペンションの取り回しを見直して室内への張り出しを前方に寄せ、荷室容積と使い勝手を重視している。

前モデル(スポーツワゴン)の下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

下取り相場

スポーツワゴン20C             2WD  H24年式(新車価格214.3万円)下取り参考価格113万円
                                H20年式(新車価格214.3万円)下取り参考価格 80万円

スポーツワゴン25S             2WD  H24年式(新車価格238.1万円)下取り参考価格134万円
                                H20年式(新車価格238.1万円)下取り参考価格 96万円

スポーツワゴン25S             4WD  H24年式(新車価格260.0万円)下取り参考価格142万円
                                H20年式(新車価格260.0万円)下取り参考価格101万円
                     
売却時のワンポイントアドバイス

 ワゴン市場が縮小して随分とたつが、モデル数が少ないので、意外と需要がある。2.0Lモデルの方が値落ちが少ないようだ。

前モデル(スポーツワゴン )の特徴とモデルの推移

 2008年1月発売。先進の環境・安全性能を備え、優れた高速安定性と快適性を実現したとして 「4ドアセダン」ハッチバックの「スポーツ」とともに、先代同様「スポーツワゴン」の名称を与えられて登場。2.5Lと2.0Lをラインナップする。トランスミッションはアクティブマチック付5速AT/6速AT及び6速MT。 また、2.5L車にはDSC(横滑り防止装置)やTCS(トラクションコントロールシステム)が新たに標準装備され、安全性を向上させた。

2010年1月 マイナーチェンジ フロントを中心にデザイン変更。

スポンサーリンク

 - マツダ, ミニバン/SUV/ワゴン