アコードの値引きと下取りの相場情報

   

この記事の所要時間: 330

アコード

アコードの新車値引情報

 最新のHAIBRID版の「アコード」は、発売直後に多くの受注状況を受けた。一般的に大ヒットするような乗用車ではないが、月販千台という目標は大きく上回り、多くの受注残を抱えた。販売台数としては他のハイブリッド専用車種より少なく、それはハブリッド関連パーツの供給不足の問題もある。そのため大幅な値引きがしづらい状況にある。ライバルはトヨタの「SAI「カムリ」ぐらいか。大変厳しい交渉になるが、車両価格から考えて少ない額では納得できない。販売店にとっては利益も大きいのは事実なので、ここはじっくり攻めたい。

値引き目標額 25~30万円

アコードの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 台数自体がまだ少ないため、まだ下取り相場が固まっていないのが現状。しかし、「SAI」の同価格帯グレードが205万円であることからやや厳しい状況が見て取れる。

下取り相場

LX   2WD  H25年式(新車価格347.6万円)下取り参考価格 183万円

EX   2WD  H25年式(新車価格371.4万円)下取り参考価格 182万円

アコードのモデルチェンジ情報

 現行「アコード」はハイブリッドのみの設定であるが、「アコード」ベースの中国専用車種「スピリア」には直4の2.4Lエンジンが搭載され、8速DCTが採用されている。また、北米で発表された「アキュラTLX」にも8速DCTが採用されており、国内でも2.4LのNAエンジンにDCTという組み合わせが期待される。

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 ハイブリッドではない先代のアコードは、現行モデルとはまったく違うモデルと思った方がいい。2.0Lモデルは手ごろな価格だが、中古車市場でも4ドアセダンの需要は少なくなっている。

下取り相場

2.0TL     2WD  H25年式(新車価格237.9万円)下取り参考価格 132万円
   EL            H20年式(新車価格234.0万円)下取り参考価格  36万円

2.4タイプS   2WD  H25年式(新車価格346.7万円)下取り参考価格 176万円

アコードの特徴とモデルの推移

 2013年6月に「アコード・ハイブリッド」となり発売開始され、日本仕様は圧縮比13.0のアトキンソンサイクル2.0L 直列4気筒ガソリンエンジン+スポーツハイブリッドi-MMDを組み合わせたハイブリッドモデルと同時発表された「PHV」プラグインハイブリッドの2種である。

 日米共通のボディのため、サイズは歴代の日本国内向けアコードシリーズでは最大で、全長4,915ミリと全幅1,850ミリはEセグメントに相当する大きさになる。しかし、軽量化のためフロントサブフレームはオールアルミ製となり、ボンネットやリアバンパービームもアルミ化、スペアタイヤは省かれパンク修理キットを搭載する。また、空力性能も高められ、フロアアンダーカバーやリアデッキリッドスポイラーなどを搭載している。

 新開発の2.0L直列4気筒DOHCi-VTECエンジンに、2モーターとクラッチを一体パッケージとしてトランスミッションケースに内蔵した電気式CVTを搭載。 発進と中低速域ではモーターのみの「EVドライブモード」で走行、加速時やバッテリー残量が下回ると「ハイブリッドドライブモード」、 70km/hの高速域では「エンジンドライブモード」を使用する。 3つのモードを自動切替することにより、JC08モード燃費で30.0km/Lの低燃費を達成した。

 EV走行距離が37.6km PHV複合燃費で70.4km/Lを達成した「アコード・プラグイン・ハイブリッド」は、個人向けには台数限定のリース販売のみの設定になっている。

 - セダン-ホンダ