オデッセイの値引きと下取りの相場情報

   

この記事の所要時間: 66

オデッセイ

オデッセイ下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 現行モデルは2013年10月の販売開始なので、まだ下取り相場は定まっていない。ブームを引き起こすほどの人気は期待できないが、よりミニバンっぽいエクステリアがホンダの思惑通りに、先代より市場に受け入れられれば良い下取り相場になるはずだ。

オデッセイ新車値引情報

 新型の販売された2013年10月から数か月は順調な販売を見せたが、消費増税前後から急激に落ち込め始めている。早くも新車効果のマジックは消えたようだ。売れ筋のアブソルートは300万円を超える車両価格なだけに、ホンダディーラーとしても、大ヒット中の軽自動車「Nシリーズ」や、「フィット」のような低価格車種とは比べものにならない利益車種だけに、交渉には応じてもらいやすい。競合車種として以前はトヨタの「エスティマ」があったが、現在ではタイプが大きく違い、実際に検討する人は少ないだろう。しかし、競合車種があることをほのめかすことは必要だろう。
 アブソルートを狙いたいが、標準車から50万円の差は良く考えた方がいいだろう。直噴エンジンは魅力的だが、その他の価値が見いだせない。エアロパッケージの方が価値がありそうだ。

値引き目標 30~34万円

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 各社のミニバンは下取り相場も非常に高いが、、車高の低いスタイリッシュなミニバンは、ひところのブームが去ってみるとあまり市場で評価されてない。特に新車では顕著だが、中古車市場でも3列シートのミニバンを求めるなら、「ステップワゴン」タイプのミニバンだろう。「オデッセイ」タイプをあえて選ぶ人は少ない。「オデッセイ」の名前を聞いて、現行モデルをすぐ思い浮かべられる人も少ない。2011年式だと同価格帯の「ステップワゴンGLパッケージ」と比較しても10~20万円の差がある。それでも、販売台数も多いエアロパッケージや、人気のある「アブソルート」は各グレードの中では、相場も比較的高いといえるだろう。

下取り参考価格表

車種 グレード 年式 新車価格(万円) 駆動方式 下取り参考相場(万円)
2.4M 2013 259.0 2WD 136
2011 259.0 2WD 119
2008 259.0 2WD 81
2.4アブソルート 2013 278.1 2WD 179
2011 277.1 2WD 131
2008 278.1 2WD 107
2.4Li 2013 414.4 4WD 208
2011 343.8 4WD 150
2008 343.8 4WD 102
2.4MXエアロパッケージ 2013 262.9 2WD 153
2011 262.9 2WD 134

オデッセイ特徴とモデルの推移

「アコード」のプラットフォームを利用した、乗用車ベースの3列シートを有するミニバンとして1994年に登場して以来、低床低重心でセダン同様の運動性能を有し、ミニバンでは一般的なスライドドアではなく、ヒンジドアを採用していることが特徴であったが、2013年10月にモデルチェンジを受けた5代目の現行車種は、車高のアップと低床化に伴い、両側スライドドアを導入している。

 エンジンは次世代環境技術「アース・ドリームス・テクノロジー」を投入した新開発のK24W型が採用され、「アブソルート」は、無鉛レギュラーガソリン仕様に変更、同型エンジンを直噴化することによって、出力が向上した。組み合わされるトランスミッションは、新開発のCVTと「G-design Shift」も採用された。「アブソルート」はマニュアル感覚の7スピードモード+パドルシフトが備わる。

 現行モデルは、「超低床プラットフォーム」の採用により低床化を徹底したことで、セカンドシートのステップの高さを先代モデルから60mm下げたことで乗降性を向上、全高も上げて、低重心ながらも居住性を大幅に向上させた。
 インテリアは、ヘッドクリアランスのゆとりを持たせ室内幅も拡大された。3列目シートは3人掛けでリクライニング構造を3分割にして快適に3名が座れるように工夫された。2列目シートは従来からの7人乗り仕様はシートバック連動でシートクッション前面が持ち上がってホールドするとともに、内蔵式オットマン・中折れ機構付シートバック・ロングスライド機構を備えたプレミアムクレードルシートが採用された。8人乗り仕様は、6:4分割スライドシートを採用している。

スポンサーリンク

 - ミニバン-ホンダ