フリードスパイクの中古車買取価格

   

この記事の所要時間: 840

フリードスパイク

フリードスパイクの下取り相場と売却時のワンポイントアドバイス

かなり良い相場でも「フリード」以下に

「フリード」の派生車種である「フリードスパイク」は、3列目シートがないというだけで下取りにおいては「フリード」を下回ることになっています。

アウトドアライフ嗜好のユーザーが多くの荷物を積み込んだり、車中で寝ることも想定した車種ではありますが、そういった使い方を好むユーザーはごく少数のようで、どうせ「フリード」を買うなら3列シートをと思う人が多いようです。

IMGP3115

中古車ユーザーにおいても同じことが言え、「フリードスパイク」をわざわざ探して購入する人がいない以上、2列しかシートがない「フリード」として扱われることになり、下取り価格も下がるのはいたしかたありません。

それの結果、新車価格が同じ「フリード」に対し「フリードスパイク」の下取り価格は最大で15万円も離れてしまっています。

問題は、ホンダのラインナップが「フリード」「フリードスパイク」「旧フィットシャトル」と、一般のユーザーにはその差がわかりにくい設定のため、中古車を購入しようとする側も売る側にとっても、指名しづらいということがネックになっているようです。

そんな中でも4WD車はデビューした2010年式であっても新車販売自の2WD車との差額を保っており、需要が多いことを示しています。

また、ハイブリッド車に関してはまずまずの相場で、「フリード」が良すぎるために「フリードスパイク」が低く見えるだけで、この1.5Lクラスとしては下取り相場が良い部類になります。

他社との比較では、よりコンパクトな「スズキソリオ」の前モデルが「フリードスパイク」よりも全体的に良く、フルモデルチェンジした現行モデルはさらに評判がいいため、今後もこの状況は続くと見られています。

下取り参考価格

車種・グレード 年式 駆動方式 新車価格 下取り参考相場
G 2015 2WD 161.6 106.0
2013 2WD 161.7 84.0
2010 2WD 161.7 59.0
G 2015 4WD 180.6 129.0
2013 4WD 180.6 105.0
2010 4WD 180.6 78.0
Gエアロ 2015 2WD 201.8 143.0
2013 2WD 200.0 115.0
2010 2WD 189.3 85.0
ハイブリッド 2015 2WD 204.6 142.0
2013 2WD 204.6 116.0
2011 2WD 204.6 107.0
比較車種
フリードG 2013 2WD 161.7 106.0
2010 2WD 161.8 67.0
フリードフレックス 2010 2WD 156.6 52.0
新ソリオハイブリッドMX 2015 2WD 157.0 102.0
ソリオ 2015 2WD 150.8 83.0
2013 2WD 143.8 68.0
ソリオWELL 2010 2WD 109.0 2.0

フリードスパイクの人気

車種の存在する理由がなくなる 

車中泊ブームというのがあったのを覚えているでしょうか。

2009年に始まった「1,000円高速」の実施以来、車中泊で長距離ドライブを楽しむ人が急増し、高速道路のSAやPAそして道の駅などにでは、車中泊をするクルマが多くみうけられました。

そこで車中泊はブームになると考えて誕生したのが、この「フリードスパイク」なのですが、実際にはその為に車を買い替えるほどのブームは来なく、本格派はもっと大きなミニバンにその機能を求めたのです。

現在でもアウトドア派のユーザーには、燃費が良くて車中泊の出来る車は需要があるのですが、軽自動車の「ダイハツウェイク」などもあり、「フリードスパイク」は中途半端な大きさと価格ということになります。

「フリードスパイク」の後を追うようなモデルが出現しなかったのも、このジャンルが盛り上がらなかった理由のひとつでしょう。

荷物をたくさん積み込めるという利点に関しては、よりその役割がわかりやすい「カローラフィルダー」や、ホンダも「シャトル」があるなど、「フリードスパイク」の出番がなくなりつつあり、「フリード」のフルモデルチェンジ以降はフルモデルチェンジされずに、モデルが消滅する可能性が大きいようです。

IMGP3120 (1)

フリードスパイクの特徴とモデルの推移

「フリードスパイク」はコンパクトミニバンの「フリード」をベースに、両側スライドドアや開口部の低いテールゲートはそのままに、3列目のシートを廃する代わりに「フィット」同様のダイブダウン式の2列目シートを採用し、反転式のフロアボードとサイドポケットを設けることでカーゴスペースの使い勝手を追求したモデルで、2010年7月に発表されました。

この反転式のフロアボードは優れもので、反転すれば自転車などの積載をしやすくするスロープもついた一段低い床になるフロアボードは、背の高い荷物も積めるほか、床面が低くなるため、重い荷物の積み降ろしがいっそうカンタンになり、シートのアレンジとあわせ、大空間をさまざまにアレンジできます。

エンジンは当初1.5Lのみで、FF車はCVT、4WD車は5ATを組み合わせでしたが、2011年10月のマイナーチェンジにおいて、1.5L i-VTEC+IMAを組み合わせたホンダ独自のハイブリッドシステムを搭載した「フリードスパイクハイブリッド」を追加設定し、1.5L車の16.6㎞/Lに対し、21.6㎞/Lに向上した。

「フリード」の次期モデルは2016年の8~9月に発売されるとされ、コンパクトボディに3列シートを装備するコンセプトはそのままに、1.5Lの通常NAガソリンエンジンと1.5LのSport Hybrid i-DCDの2タイプが採用される予定。

燃費はライバルの「シエンタ」の燃費27.2km/Lを超えると期待されています。

ただし、「フリードスパイク」の情報はなく、モデル消滅の可能性も出ています。

スポンサーリンク

 - コンパクト-ホンダ