N-BOXの買取相場と値引き交渉のポイント

      2015/01/05

この記事の所要時間: 344

新しい記事
N-BOXの下取り相場と値引き交渉のポイント 2014-01-05

N-BOX

N-BOXの新車値引情報

 絶好調の軽自動車の中でも、最大の人気クラスハイトワゴン。その中でも人気売上ともに№1の同車であるが、「スペーシア」「タント」さらには「日産デイズルークス/三菱ekスペース」と、ライバルが目白押しだ。けっして殿様商売をしているわけではなさそうだ。もちろん値引きの上限は限りある軽自動車だが、競合車種を絞りこみ、じっくりと交渉したい。

値引き目標額 10~14万円

N-BOXの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 今、一番下取り相場がいいのがこの軽ハイトワゴン。その中でもダントツ人気の同車だけに、コンパクトカーを上回る残存価格だ。

下取り相場

G             2WD  H25年式(新車価格120.0万円)下取り参考価格 85万円
                    H23年式(新車価格118.1万円)下取り参考価格 77万円

G Lパッケージ    2WD  H25年式(新車価格129.5万円)下取り参考価格 92万円
                   H23年式(新車価格127.6万円)下取り参考価格 85万円

G ターボパッケージ 4WD  H25年式(新車価格150.5万円)下取り参考価格105万円

N-BOXのモデルチェンジ情報

N BOXの2013年11月の販売台数は19,513台。フルモデルチェンジしたばかりのダイハツ新型タントを抑えて軽自動車販売台数1位をキープしている。発売されたのは2年前にもなるが、その人気は衰えを知らない。しかし、燃費性能の悪さがウィークポイントでもある。今回のマイナーチェンジで25.2㎞/Lまで向上したが、クラストップのスズキ「スペーシア」の29.0㎞/L、ダイハツ「タント」の28.0㎞/L、さらには「日産デイズルークス/三菱ekスペース」もこれらに合わせてくると思われ、人気の足を引っ張りかねない。この変の改良、もしくはそれを補うさらなる魅力の追加が必要になるだろう。

N-BOXの特徴とモデルの推移

 手薄な軽自動車ラインナップを埋めるべく開発され、2011年12月に発売されたのが、人気カテゴリーのハイトワゴン。車名の「N」はホンダ初の本格的量産4輪モデルである「N360」の「N」をモチーフに、「もう一度原点に立ち返って新時代の4輪車を造りたい」という思いを込めているという。
  空間効率を最大限にするため、新設計のプラットフォームに加え、センタータンクレイアウトを初めて採用し、その結果、クラスでもっとも低いフロアを実現した。また「ミニマムエンジンルーム」の思想によって従来比で70mm前方に圧縮し、その分を室内長として活用した。
 
 エンジンは新開発の直列3気筒DOHCと、ターボ。トランスミッションはホンダの軽自動車初のCVTを採用している。また、NA車全車にアイドリングストップも採用したことで、JC08モード燃費22.2㎞/Lを達成。軽自動車初の装備として、VSAとヒルスタートアシストシステムを全車に標準装備している。
 
 2013年12月のマイナーチェンジでは燃費を25.2㎞/Lまで向上。また、安全運転をサポートするシティブレーキアクティブシステム、サイドカーテンエアバッグシステムと前席用i-サイドエアバッグシステムをセットにした「あんしんパッケージ」を、タイプ別にオプション設定している。

 2012年4月には派生車種「NーBOX+」が追加設定された。「NーBOX」をベースに、荷室スペースの床を斜めにし、アルミスロープを組み合わせることで車両の床面と地面を地続きにすることができ、バイクなどの車輪付き重量物の積み降ろしを容易にする「ユニバーサルブリッジ」と3つのボード(大小2つのマルチボードとエンドボード)を組み合わせることで多彩な空間アレンジを可能にする「マルチスペースシステム」の採用により日常利用やレジャー、介護まで幅広い用途に対応できる。

 - ホンダ, 軽自動車-ホンダ