インサイトの値引きと下取りの相場情報

   

この記事の所要時間: 357

インサイトの新車値引情報

 ハイブリッド車全体で見ると、販売も低迷し、値引きは大きい部類のクルマであり、新型「フィットハイブリッド」の大ヒットの影に隠れがちなこともあり、在庫も十分。値引きの要素は多い。

インサイト

25~30万円が相場と見るが、新車発表展示会が目白押しのホンダディーラーで、意外なおすそわけ的条件も期待できる。「プリウス」との競合は鉄板だが、「プリウス」自体の値引きが今だに渋いので、あまり効果は期待できない。

値引き目標額 25~30万円

インサイトの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 ハイブリッドモデルにもかかわらず、新車が販売不調ということで、安値で取引される傾向。これから新車のインサイトを買う人は、将来の下取り価格に期待はできない。しかし現状ではそこまで悪くない。「プリウス」に比べて確かに安いが、もともとの車両価格を考えると妥当な数値だ。

下取り相場

1.3G       2WD  H25年式(新車価格183.3万円)下取り参考価格 110万円
                H21年式(新車価格183.8万円)下取り参考価格  68万円

1.3L      2WD  H25年式(新車価格202.8万円)下取り参考価格 116万円
                H21年式(新車価格202.8万円)下取り参考価格  71万円

1.5エクスクーシブXL 2WD  H25年式(新車価格214.3万円)下取り参考価格 132万円
                 H23年式(新車価格214.3万円)下取り参考価格 117万円

インサイトのモデルチェンジ情報

 「インサイト」は販売不振の状況を覆すことが出来ない、という理由で次期モデルは中止になった。現状のハイブリッド人気の中でも販売低迷が続き、次期モデルの販売を展開することは困難と判断し、開発中止に踏み切ったとしている。

 現行「インサイト」の販売は、続けられ、現行モデルの購入を検討しているユーザーに影響は無い。そしてフィットハイブリッド系統の派生車種に超低燃費性能を持たせ、「インサイト」以外のネーミングで市販化されると考えられる。

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 同じ名称の車種であっても、ボディ形状からしてまったく異なる車種であり、国内での販売台数が極端に少なく、希少車としての相場に近い。

下取り相場

インサイト     2WD  H19年式(新車価格218.0万円)下取り参考価格  37万円
               H14年式(新車価格218.0万円)下取り参考価格  11万円 

インサイトの特徴とモデルの推移

 世界最高水準の低燃費を目指し、1999年に登場したヒブリッド専用の2人乗りの3ドアハッチバッグクーペ。リアにホイールカバーを設け、空気抵抗を軽減、CD値0.25を誇っていた。さらにアルミフレームボディや、フロントフェンダーに樹脂材を採用している。パワーユニットには、ECA型1.0L直列3気筒SOHCエンジンとアシスト用薄型DCブラシレスモーターを採用し、10/15モード燃費率35.0㎞/L(マイナーチェンジ後は36.0㎞/L)を達成した。トランスミッションは、5速MTとCVTが用意される。2人乗りクーペということもあり、国内での販売は振るわなかったが、その後のハイブリッド車及び低燃費車種に大きな影響を与えている。

 2009年に発売された2代目は、「インサイト」の名前を持つハイブリッド車という以外には共通点はないまったく別物として登場。5ドアハッチバックボディ形状は、ライバルの「プリウス」と同形状ではあるが、3ナンバーのプリウスに対して、5ナンバーである点が違う。

 1.3Lエンジン+小型軽量なホンダIMAを駆動システムの基本とし、他車種からのパーツの流用などでコストを削減。ハイブリッドながら180万円台という低価格で発売された。

 2011年のマイナーチェンジでは、1.5Lエンジン+IMAを採用する「エクスクルーシブ」を追加設定。その他改良を繰り返した結果、現在では1.3L+IMAの(G/L)は27.2㎞/L、1.5L+IMAの「エクスクルーシブ」は23.2㎞/LのJC08モード燃費を達成している。

 - ホンダ, ハイブリッド-ホンダ