新型ブーンの値引きと下取りの相場情報

   

この記事の所要時間: 359

ブーン
By Kuha455405 (投稿者自身による作品) [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC-BY-SA-3.0-2.5-2.0-1.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons

ブーンの新車値引情報

 「ブーン」が姉妹車のトヨタ「パッソ」と大きく違う要因としてあげられる事に、「ブーン」以外に自社ラインナップのコンパクトカーがないことと、軽自動車中心の販売であり販売価格と利益の大きい登録乗用車は、販社にとって大変貴重であるということだ。トヨタにとってはエントリーカーでも、ダイハツにとっては自社の軽自動車からのランクアップ車種であり、また、1.0Lに絞ったラインアップで、販売には意欲的だ。。軽より利益が見込めるのなら、値引きも軽以上、遠慮するチャネルもなく、「パッソ」とはOEM関係もないので、ガチンコで競合させてみる。

値引き目標額 1.0L車18万円 

ブーンの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 中心はやはり1.0Lモデルであり、2012年に廃止された1.3Lモデルは評価は低い。動力性能よりも燃費が重要視される傾向。マイナーチェンジでも復活しなかったのもうなずける。4WDの需要は多く、相場にも反映している。

下取り相場

1.0 CL        2WD H25年式(新車価格112.4万円)下取り参考価格 36万円
                  H22年式(新車価格104.8万円)下取り参考価格 30万円

1.0 CLリミテッド  4WD H25年式(新車価格137.6万円)下取り参考価格 44万円
                  H22年式(新車価格137.6万円)下取り参考価格 34万円

1.3 CX        2WD H24年式(新車価格131.4万円)下取り参考価格 34万円
                  H22年式(新車価格131.4万円)下取り参考価格 28万円

ブーンのモデルチェンジ情報

 2014年4月に姉妹車のトヨタ「パッソ」とともにマイナーチェンジを受け後期モデルとなった、ダイハツ製3気筒1.0Lエンジンは、従来の21.2㎞/LのJC08モード燃費から、27.6㎞/L(FF車)に一気に向上する。トヨタ「パッソ」に設定されている4気筒1.3Lはやアイドリングストップ機構未装着のFF車は設定されておらず、シンプルなグレード展開になっている。

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 コンパクトカーとしては平均的な相場なのだが、H22年式ホンダ「フィットG」新車価格117.1万円は54万円。さらにダイハツ「ムーブL」新車価格106.7万円は52万円という事実がある。 

下取り相場

1.0 CL        2WD H22年式(新車価格 98.0万円)下取り参考価格 19万円

1.3 CX        4WD H22年式(新車価格119.0万円)下取り参考価格 21万円

パッソの特徴とモデルの推移

 ダイハツとトヨタが共同開発した5ドアハッチバック型コンパクトカーであり、製造はダイハツが担当する姉妹車。2004年に発売された初代は軽自動車のプラットホームをベースにした車種で、エンジンにはダイハツ製3気筒1.0Lと4気筒1.3Lを搭載する。

 2010年に2代目の現行モデルとなる。トヨタとの共同開発は維持し、エンジンも1.0Lと1.3Lを設定するが、1.3Lは2012年に廃止された。タマゴをイメージした独創的でシンプルなスタイルとなった。また、姉妹車トヨタ「パッソ」の「+HANA」に相当するグレードはなく、グレード構成もシンプルなものになっている。

 2014年4月マイナーチェンジ。同社の「ミライース」などの軽自動車で採用している「e:Sテクノロジー」の中から、クールドEGRとCVTサーモコントローラーの採用と、FF車には「ecoIDLE」の改良版を搭載することで、軽自動車を除くガソリン車としてはトップクラスの27.6km/Lを実現し、同時に「平成27年度燃費基準+20%」を達成。4WD車も「平成27年度燃費基準」を達成している。

 - 軽自動車-ダイハツ