ミライースの値引きと下取りの相場を知っておこう

      2015/05/11

この記事の所要時間: 338

これよりも新しい記事が投稿されています。
ミライースの買取相場と値引き交渉のポイント 2015-05-11

ミライースの値引情報

 スズキ「アルトエコ」とのし烈な販売競争は大変だろうが、消費者としては便乗させてもらう。価格が価格だけに安価モデルは交渉の余地はあまりない。5万いけばいい。100万円を超えるグレードに対しては、競合車もからめて10万円を目指すが、新古車を勧められるギリギリまで。

値引き目標額 7~9万円

ミライースの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

下取り相場

D              2WD  H25年式(新車価格75.7万円)参考価格49万円
                     H23年式(新車価格75.7万円)参考価格42万円

X              2WD  H25年式(新車価格94.8万円)参考価格59万円
                     H23年式(新車価格94.8万円)参考価格51万円

Gf             4WD  H25年式(新車価格116.2万円)参考価格77万円
                    H23年式(新車価格116.2万円)参考価格63万円

売却時のワンポイントアドバイス

 もとの価格が安いので目立たないが、落ち幅は非常に少ない。購入時の平均的な値引きを考えると驚異的だ。

ミライースのモデルチェンジ情報

 ダイハツの主力ブランド「ミラ」が消滅し、「ミライース」に1本化される。7年目に入る現行「ミラ」のモデルチェンジより、知名度のある「ミライース」に統一したほうが効果的という判断。現在CMなどの露出も「ミライース」に集中している。また、JC08モード燃費で35km/Lを狙うミライース用の次期パワートレインも開発しており、「ミライース」の次回マイナーチェンジで市販化される可能性が高いだろう。 時期は2013年夏前後だ。

ミライースの特徴とモデルの推移

 2011年9月 発売開始。ガソリン車トップの低燃費(JC08モード 30.0km/)と、徹底した原価低減活動による、79万5千円からという低価格が特徴。 トヨタに「ピクシスエポック」スバルには「プレオプラス」としてOEM供給しており、3姉妹になっている。
 イーステクノロジーは、圧縮比の向上やインジェクターの改良などにより燃焼効率を向、 「i-EGRシステム」の採用や、メカニカルロスを極限まで低減 電子スロットルによるエンジンとCVTの協調制御を採用と、 動力伝達効率の向上、車両の軽量化などを踏まえた、変速ギア比の最適化。、シェルボディの骨格合理化により、約30kgの軽量化を実現。
  ガソリンエンジンのCVT車としては世界で初めて、停車前アイドリングストップ機能を採用。車速が7km/時以下になるとエンジンを停止し、アイドリングストップ時間を増加することで、さらに燃費を向上。 通常・加速走行時のオルタネータによる発電を大幅に抑制し、エンジンの負荷を低減するなど多岐に渡る。

 スマート・エコスタイルをデザインコンセプトに、無駄を廃したシンプルでクリーンな造形により、エコイメージを感じさせる先進的なスタイリングを採用。 ロングな室内長と1,350mmのワイドな室内幅を実現。前後乗員間距離は930mmを確保し、大人4人がしっかり座れる充分な室内空間を確保。 丸みのあるシンプルな形状のシートには、肌触りの良く上品なベージュのシート表皮を採用。さらに、先進性を感じさせる自発光式デジタルメーターや金属調のフラッシュパネルを採用したオーディオを採用する。

2011年11月 仕様変更 装備変更。
2012年5月  一部改良 装備変更、ヘッドランプのデザイン変更。トヨタへ「ピクシスエポック」としてOEM供給を開始。
2012年12月 スバルへ「プレオプラス」のOEM供給開始。

スポンサーリンク

 - ダイハツ, 軽自動車-ダイハツ