タントカスタムの値引きと下取りの相場を知っておこう

      2015/06/06

この記事の所要時間: 358

これよりも新しい記事が投稿されています。
タントカスタムの下取り相場と値引き交渉のポイント 2015-06-06

タントカスタムの新車値引情報

 モデルチェンジイヤーに入っており、現行の「ミラクルオープンドア」がほしい人には最大のチャンス到来だ。ライバルの「N BOX」「スペーシア」に対抗するため、新鮮味の乏しい分値引きが出やすい。スペック的にはライバルとも遜色はないので、思いっきり買い得感を味わえるはず。ターボ車そして4WD狙いなら15万を目標にしてもいいだろう。ただし、モデルチェンジが迫ると希望のグレード、ボディーカラーが手に入りずらくなるので注意。

値引き目標額:14万円

タントカスタムの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 人気の軽自動車をけん引するトールワゴンの中でも、さらに人気のカスタムとなれば最高の条件で下取られる。ファミリーよりも若者中心となる車種だけに、4WDやターボ車人気も高い

下取り相場

カスタムL               2WD  H25年式(新車価格141.0万円)下取り参考価格 94万円
                           H19年式(新車価格120.0万円)下取り参考価格 57万円

カスタムRS              4WD  H25年式(新車価格166.8万円)下取り参考価格124万円
                           H19年式(新車価格166.8万円)下取り参考価格 79万円

タントカスタムのモデルチェンジ情報

 「タント」のフルモデルチェンジが2013年10月発売とされている。 次期タントはコンセプトの一つ、「助手席側センターピラーレス構造」が廃止されるようだ。両側スライドドアの装備が、このハイトワゴン軽自動車市場のトレンドとなってしまっており、ライバルの「N BOX」や「スペーシア」に対抗するためにも、両側スライドドアは必須であり、「センターピラーレス構造」の両側装備は、強度上無理なたてに、残念ながら 一般的なセンターピラー有りの両側スライドドアが装備されることになる。 また、次期タントの燃費性能はJC08モードで27km/L前後となることが予想される。

前モデルの下取相場と売却時のワンポイントアドバイス

 6年すぎても十分な価格を維持する。グレード間の差はほとんどなくなり、外観や走行状態が良好ならさらに高い価格が可能だ。

下取り相場

カスタムL               2WD  H19年式(新車価格117.0万円)下取り参考価格 56万円
                           H17年式(新車価格117.0万円)下取り参考価格 42万円    

カスタムRS              4WD  H19年式(新車価格157.3万円)下取り参考価格 73万円
                           H17年式(新車価格157.3万円)下取り参考価格 54万円

タントカスタムの特徴とモデルの推移

 2003年に発売された初代「タント」をベースに、2005年8月に追加設定された派生モデル。若年層をターゲットにしたため、 押し出し感の強いフロントフェイスに大型エアロバンパー等のエアロパーツや、ディスチャージヘッドランプ を装着したスポーティな外観となった。 カスタムRSは15インチアルミホイールを標準装備したターボ仕様となる。

 2007年12月17日に「タント」と同時に2代目が発売された。 “ゴージャス&グレート クルーザー” をコンセプトに、大型バンパーや低重心グリルで重厚感を演出し、タントとは一線を画す、迫力と存在感溢れる攻撃的なデザインになっている。
エンジンは、DVVT付きの直列3気筒DOHC、のほか、ベース車「タント」には設定のなくなったターボエンジン搭載車を設定。、2010年のマイナーチェンジにおいてCVTを全グレードに拡大した。
 2011年には新エンジンと改良型CVTを組み合わせたパワートレーンと「eco IDLE(エコアイドル)」、エコ発電制御を採用したことで燃費を大幅に向上させた。2012年9月にもNA・2WD車において、エンジン制御の最適化により燃費を向上させている。
 

スポンサーリンク

 - ダイハツ, 軽自動車-ダイハツ