樹脂パーツのメンテナンス(洗浄・艶出しなど)

この記事の所要時間: 45

DSC_0922

樹脂パーツが使われている部分

樹脂パーツは車の多くの部分に使われている。インテリアではダッシュボードや、センターコンソール、ドアの内側のパーツやバイザーなどなど。エクステリアでは、バンパーやドアノブなどが代表的なパーツになる。

細かい部分では、ウオッシャーノズルなどの小さなパーツも樹脂製であるケースが多くある。他にもボンネットを開けると、エンジンのカバーが樹脂製であったり、様々な部分に数限りなく樹脂製のパーツが使われている。

ここで問題にしなくてはいけないのは、未塗装のバンパーなどになるので、話をそこに絞っていくことにしたい。

スポンサーリンク

樹脂製パーツの素材

樹脂製バンパーの多くはABS樹脂(アクリロニトル・ブタジエン・スチレン)やPP樹脂(ポリプロピレン)になる。

これらの特徴としては熱可塑性に優れているために、成型しやすく耐熱性と耐衝撃性が高い。またある程度の時間にだったら、酸やアルカリ、トルエンやシンナーなどの芳香族系の溶剤や、石油系溶剤にも耐えられる特徴を持っている。

このため、バンパーやガーニッシュなどのパーツには向いているということがあげられる。また、一部のエアロパーツメーカーでは、スポイラーやエアロバンパーの素材としても使うケースがある。しかし、エアロは基本的にはFRPがメインになっている。

こうみてくるといいことづくめなのだがやはり弱点もあって、未塗装の場合は表面の保護膜がないため、紫外線によって劣化・白ボケをしてしまう。これは避けられないことなので、日ごろのメンテナンスによって、延命するほかには方法がない。

綺麗の基本・洗浄には何を使う

ABSもPPも前述のように、耐薬品性には優れている。しかし、注意しなくてはならない物質もあり、それは石油系の物質になる。

もともとが石油由来の物質なので、高温下で石油系溶剤を触れさせることは問題が出る。症状としては白化したり膨潤したりなどの症状が出るケースがあるので、注意をしなくてはならない。

このほかのことに関してはかなり無頓着でもいいのだが、コツとしては十分に濯ぐということになる。いくらなんでもありということでも、やはり限度はあるからだ。そうそう長時間アルカリや酸に触れていていても、全く大丈夫ということではないから、洗浄剤を使った場合には必ず十分に濯ぐという工程が大切になるのだ。特にバンパーの場合など、黒系統の色が多いので、真夏の表面温度は時に70℃以上に達することもあるのだから、化学変化は予想以上の強度とスピードがあるので、そこのところを十分に理解していただきたい。

したがって濯ぎさえしっかりやれば、洗浄剤は何を使っても問題はないということになる。要するに洗剤であれば、なんでもいいといってしまっても問題はないのだ。値段や使いやすさを考えて、自分なりにベターなものを使えばいいと思う。

艶出し保護剤は何がいいのか

基本的には「ゴム」に対して優しいものであれば、樹脂素材に長時間触れていても問題はない。したがってエマルジョンタイプのシリコン系であれば、だいたいの製品を使っても問題はない。

効果のあるないということはあるかもしれないが、紫外線カットが可能な製品を使うことが白ボケを防ぐためには必要になる。効果は確かに薄いというレポートもあるが、気休め程度の効果はあると思って間違いはない。特に、洗いっぱなしでカサカサになりっぱなしだと、より白化のスピードが促進されてしまうので、どうせ使うのなら紫外線カットを謳っている製品がいいと思う。

製品を選ぶときに注意するkととしては、石油系の溶剤が入っていないことが最大のポイントになるので、そこは注意をしていただきたい。

白化してしまった樹脂は救えるのか

いったん白化してしまった樹脂パーツを救済する手立ては、はっきり言ってないと思っていただきたい。

ただし一定期間は、新品同様かそれ以上にする手立てはある。

ガラス系の硬化被膜ができるコーティング剤の中には、樹脂パーツにもコーティングをできる製品があるので、それを使うとかなりというよりすごく効果はある。艶やかな光沢は新品をもしのぎ、白ボケはほぼ完全にカバーできるのだ。さらには耐久性も、かなり高い値を示すので、おすすめはおすすめになる。

しかし、被膜の下では樹脂自体の劣化は進んでいることには違いはないし、いくらガラス系の被膜とはいえ、その厚みはミクロ単位なので、被膜自体の劣化も進んでくる。したがって再び白化するまでには、そう長い時間がかからないと思った方がいいことも確かなのだ。

こういったことを理解したうえで、ガラス系のコーティング剤を使うのであれば、そこそこのコストパフォーマンスを示してくれることになる。

スポンサーリンク


車検の相談・依頼

Goo車検

公開日:
最終更新日:2013/11/08