ハイブリッドセダンの買取相場比較(カムリ・SAI・アコード)

      2017/03/07

この記事の所要時間: 857

PENT3164

ハイブリッドセダンの買取市場

「カムリ」は北米市場を主なマーケットとする車種のために車幅が広く、さらに国内では高級セダンとして位置付けられるためハイブリッド専用車となって車両価格も割高な設定となっています。

そのために日本国内の新車市場では、主要なクラスにあてはまらず、数多く売れる車種とはなりませんでした。

同じように北米市場を主要マーケットとするホンダの「アコード」も、国内へはハイブリッド専用の高級セダンとなっており、日本国内では多くの販売が望めないセダンにおいては国内専用車を投入せず、コストを抑えて海外仕様を利用するのが国内メーカーの常套手段になっています。

台数のあまり出ていない車種ですが、車そのものの評価は高くその価値は認められていますが、中古車ユーザーは同じハイブリッド車ならもっと燃費の良い「プリウス」を選ぶのが普通であり、「カムリ」クラスは売りつらい車種であることは間違いのです。

では実際に「カムリ」の買取り市場はどういったことになっているのか、ライバルである「アコード」、そしてトヨタのもう一つのハイブリッド専用セダンの「SAI」との比較を交えて調べてみました。

ハイブリッドセダンの買取相場表

カムリ
ベースグレード
SAI
Gパッケージ
アコード
LX
新車価格 289.5万円 305.7万円 347.6万円
2015 190万円 177万円 147万円
2014 172万円 167万円 153万円
2013 146万円 160万円 137万円
2012 126万円 94万円 万円
2011 117万円 86万円 万円

カムリの買取市場

PENT3166

北米市場においてはベストセラーカーとして名高い「カムリ」ですが、こと日本国内ではベストセラーには程遠い車種となっています。

もともとは「カローラ」「クラウン」の間に位置するFFセダンという認識がユーザーに根強く、「カムリ」=高級セダンとは思えないのも売り上げが伸びない要因となっています。

事実北米では気楽に乗れる実用セダンであって、けっして高級車ではないのでインテリアなどは日本の高級車の基準からすると物足りません。

その変わり余裕のある広くて快適な室内スペースなのですが、新車価格で300万円以上するクルマとしては「クラウン」のような満足感は得られません。

買取り市場での評価については、同じコンセプトの「SAI」との比較が分かりやすいのですが、各年式で「SAI」を上回っています。

知名度においては「カムリ」の方が圧倒的に上であり、ハイブリッドと組み合わされる2.5Lエンジンも2.4Lの「SAI」より新しく車自体も少し新しいことなどで差が付いています。

それでもトヨタ製ハイブリッド車の買取り相場は高く、不人気のセダンであっても買取り価格は高値だと言えるでしょう。

グレードによる差はほとんどないため、リセールバリューを考えたならベースグレードがもっとも優れているといえます。

カムリの買取相場表

ハイブリッド Gパッケージ レザーパッケージ
新車価格 289.5万円 301.9万円 361.9万円
2015 190万円 197万円 231万円
2014 172万円 178万円 204万円
2013 146万円 152万円 172万円
2012 126万円 133万円 162万円
2011 117万円 123万円 156万円

SAIの買取市場

IMGP1904

「カムリ」と似たようなハイブリッド専用セダンの「SAI」は、「カムリ」が導入されたことによりなぜ存在するのかわからない車種というのがユーザーの思うところでしょう。

決定的な違いは「カムリ」が日本向けに手直しされた北米向けモデルなのに対して、「SAI」は「プリウス」のセダン版として登場した国内専用車種であることです。

「プリウス」で物足りなかった、室内の広さや上質感を持たせたために日本人好みの高級セダンという造りが随所に見られます。

のちに「カムリ」がハイブリッド専用セダンとして導入されるとは考えていなかったとも言えます。

「カムリ」より発売年度が古く、2.4Lエンジンとハイブリッドシステムの組み合わせは「SAI」以外では「エスティマハイブリッド」があるだけで、最新のパワーユニットとは燃費等に差があります。

買取り市場ではそれらを考慮して「カムリ」よりも低い相場になっています。

一度もモデルチェンジされていないのは買取りに置いて好材料ですが、知名度の低さや「プリウス」がその後大きく生まれ変わっていて、もはや「プリウス」のセダン版という看板も通用しなくなっているのは商品価値が下がってしまう要因になっています。

グレードの差もほとんどないといっても良いようです。

SAIの買取相場表

S G G Aパッケージ
新車価格 305.7万円 363.8万円 400.9万円
2015 177万円 209万円 208万円
2014 167万円 191万円 201万円
2013 160万円 181万円 195万円
2012 94万円 103万円 113万円
2011 86万円 100万円 113万円

アコードの買取市場

IMGP3212

「アコード」も「カムリ」同様に北米市場でのホンダの主力モデルであり、日本国内へはハイブリッド専用の高級セダンとして導入されています。

2013年に「アコードハイブリッド」としてデビューした現行モデルは、日米共通のボディに「SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド) i-MMD」が搭載されJC08モード30.0㎞/L という低燃費性能で登場しました。
しかし、「カムリ」と同じく販売は低迷し、その要因は低燃費性能がまったく意味をなさない、385万円からという「カムリ」や「SAI」以上の「クラウン」クラスの価格設定なのです。

買取り相場は流通量が極端にすくないために相場自体が流動的ですが、2015年型が激しく下落していることからも、
買取り時にかなり安くしないと売れるかどうかわからない車種のレッテルを張られているようです。

それ以前の年式では落ち込みが少ないのは、もとの車両価格から考えてこれ以上はさげられないという底値の値付けであると思われます。

車としては優れていてもここまで評価が低いとユーザーとしては災難ですが、中古車で優良で安いセダンを探すなら、「アコードハイブリッド」は絶対にオススメできる車種といえます。

アコードの買取相場表

LX EX
新車価格 347.6万円 371.4万円
2015 147万円 157万円
2014 153万円 164万円
2013 137万円 148万円

 - ライバル車買取比較 , ,