エンジンメンテナンスの肝はオイル

この記事の所要時間: 353

DSC_0926

エンジンを心臓に例える

車のエンジンは人間に例えると「心臓」だとよく言われるが、それはある意味で当たっている。人間でも心臓は極めて重要な臓器で、これが何らかの理由で機能が低下すると健康上大きな障害が起こり、悪くすると生命にかかわる問題になる。

車のおなじでエンジンの機能が低下すると走行性能が落ちるし、最悪はエンジンの破損が起ってしまい、走行不能な状態になってしまうケースもある。

それほどエンジンは重要なパーツだということになるのだ。

スポンサーリンク

エンジンオイルの役割

エンジンは金属でできているので摺動部分の金属同士が直接擦れあってしまえば、当然だが高温が発生してしまい、そのまま摺動を続けると焼き付き現象が起きてしまう。

これを防ぐために金属同士が直接触れ合うことがないように、摺動部分にはオイルが供給されて金属と金属の間に油膜を形成されるようになっている。このオイルを通称「エンジンオイル」と呼んでいる。

エンジン内部は燃焼により高温になっている。さらに摺動部分からもオイルは熱を奪うので、常に高温にさらされていることになる。

このようにエンジンオイルには役割がある。主な役割は、摺動部分の潤滑、摺動部分の冷却、エンジン内部の清浄、錆を防ぐ防錆、各摺動部分のクリアランスを油膜で密閉するなどの5つの大きな役割がある。

エンジンオイルは何でできているのか

エンジンオイル通常は「ベースオイル」に各種の添加剤を入れて、エンジンオイルとして市販されている製品になる。

主流になっているベースオイルは「鉱物油」「半化学合成油」「100%化学合成油」となっている。鉱物油とは100%石油由来の天然鉱物油で、半化学合成油は鉱物油と化学合成油うぃおブレンドしたもの、100%化学合成油はそのとおり化学合成油だけでできているものを示す。

このベースオイルに「酸化防止剤」「清浄分散剤「粘土指数向上剤」「消泡剤」「流動点降下剤」などの添加剤を主に入れている。その他として「防錆剤」「耐腐食剤」「耐摩耗剤」「極圧剤」「摩耗調整剤」などがそれぞれのオイルの性格を決めるために、添加されている。

市販の添加剤、例えば極圧剤や耐摩耗剤、減摩剤を追加すると、そのオイルは「耐極圧・耐摩耗」に特化したオイルになるということだ。

オイルは血液と似ている

エンジンオイルはエンジンの隅々までいきわたり、熱を取り老廃物を運び去って浄化するという点では、人の血液に似ている。

さらに高温や水分、燃焼カスなどで劣化して「スラッジ」と呼ばれる、ドロドロした塊ができることも似ている。このスラッジは人の血液で言うと、「血栓」や「コレステロール」に等しい。

このスラッジが油路に付着して、油路を狭くするからオイルの流量が不足することもあるし、付着したスラッジが剥がれて流れだし細い油路を塞いでしまうこともあり、人で言うと「心筋梗塞」の症状になるのだ。こうなると、エンジンの焼き付き現象などが起きるのだ。

人の体だと新しい血液が作られて代謝できるのだが、車のエンジンオイルはそうはいかないから、当然「オイル交換」が必要になるのだ。

オイル交換の時期

ではオイル交換の時期についてはどう考えるべきなのだろうか。最近の車の多くは「ロングドレーン」タイプなので、メーカー指定の交換スパンは「15000㎞」などという途方もない距離になっている。

しかし実際にこの交換サイクルの指示道理にオイル交換をしているとどうなるか、という疑問を持つ方も多くいると思う。実際にメーカーの車に対する保証期間では、多分なにも起こらないかもしれない。

しかし保証期間を過ぎたとたんに何かのトラブルが発生しないとも限らないし、その時には修理代金は全額ユーザー負担になってしまう。

こういうことは悪く考えておき、メーカー指定の交換サイクルは嘘ではないが、ユーザーにかける負担を少しでも少なく見せるための、パフォーマンスだ程度に思っていた方が賢明かもしれない。

よく車好きの人たちが言うように、NAで5000㎞・ターボで3000㎞ということも、ある程度納得のいく数字かもしれない。

少なくてもメーカー推奨値通りに交換をすることは避けて、もっと短いサイクルでオイル交換をする必要性があると考えていただきたい。

エンジンを動脈硬化や心筋梗塞にさせないためには、必要な自己防衛手段だといえる。オイル交換の時期は、自分でしっかり決めてしっかり守ることが必要になると思う。

スポンサーリンク


車検の相談・依頼

Goo車検

公開日:
最終更新日:2013/11/08