ショックアブソーバー(ダンパー)のメンテナンス

この記事の所要時間: 48

サスペンション

ショックアブソーバー(ダンパー)の役割

車にはサスペンションがあることは周知のとおりだ。サスペンション(以下サスという)はごく大まかにいうと、各種のアーム類とバネと、ショックアブソーバーで構成されている。

一見鏡のように見えるサーキットの路面でもうねりや凹凸があり、車が走るとそれを拾って入力として突き上げがあるのだが、それを吸収してフラットに車体を保つことが、サスの持つ大きな役割になる。また、コーナーで車体に横Gがかかった時には、外側のサスが縮み内側のサスが伸びることによって、タイヤを常に路面に効率よく貼り付かせる役割がある。

これらの動きはバネの働きによって達成されるものなのだが、バネには固有振動数という厄介な特性を持っている。一度路面からの入力を与えられるとバネは縮むのだが、いったん縮んだバネは今度は伸びることになる。

今度は伸びたバネはもとに戻るために、再び縮む動きをする。この縮んで伸びての繰り返しは振動と呼ばれ、それぞれのバネがこの動きを収束するまでの回数を、固有振動数というわけだ。

しかし車は走っているわけなのでこの振動が収束するまでには、次の振動が起こってしまうため、車体は不安定極まりない状態になる。コーナーの連続などでは横転の危険性すらあるのだ。

このバネの固有振動を吸収して車体を安定させる役割を、ショックアブソーバーが受け持っているので、大変に重要な役割だといえる。

ちなみにショックアブソーバーはSHOCK=衝撃をABSORB=吸収するという意味なのだが、単体ではそれはあり得ない。あくまでも減衰=DUMPINGをコントロールする装置なので、DUMPER=ダンパーが正解なのだ。

スポンサーリンク

ダンパーの構造的なこと

ダンパーの構造を一言でいうと、「注射器」のようなものだと考えてみると解り易い。注射器はピストンが高い気密性を持っているので、筒内の液はピストンから外には漏れない。ダンパーも同じなのだ。

しかし注射器は針という穴から液が出ていくが、ダンパーは外に液を出さない代わりにピストンに溝が切ってあったり小さな穴があったりして、きわめてゆっくりと液をピストンの上に逃がす。この時の抵抗が「減衰力」ということになる。

ダンパーのピストンにはピストンスピードによってオイルの流量を調節できるように、きわめて複雑なバルブ構造があり、気密性を保つための高度なシーリングが施されている。よく言われる「ダンパーが抜ける」という現象は、これらバルブやシーリングの劣化することで気密性が落ちてしまい、それとオイル自体が劣化することによって、オイル流量の調節がうまくいかずに減衰力が落ちてくる状態をいうのだ。

こうなるとバネの固有振動を抑え込めずに、何となくいつも「ブワブワ」とした、とらえどころのないハンドリングになる。

この状態では安定感に寄与することはできなくなり、連続したコーナーでの素早い切り替えや、ロールスピードを抑えることなどは不可能になってくるから、ある意味では危険ですらあるのだ。

構造上、一気に劣化することがないだけに、厄介な存在でもあるのがダンパーなのだ。

ダンパーの劣化察知の仕方

前述のようにダンパーは一気に劣化することはなく、特にノーマル仕様のサスペンションのダンパーは、本当に徐々に徐々にという感じで劣化していく。

このために、劣化を感じることは非常に難しい。ましてリフトアップをしたときに、目視できるようなものでもない。例えばオイルが漏れていたり滲んでいる程度でも、これを目視できたらその時はかなり重症という判断をしてもかまわない。

したがってダンパーの劣化を通常では目視することは、まず不可能だということを承知しておいていただきたい。

ではどうやって劣化を察知するのかということなのだが、これはあくまでもドライバーが感じるフィールでしかないのだ。ドライバーがいつものコーナーを、いつものスピードで抜けた時に感じるフィールが一番頼りになるのだ。

したがって、自分なりの「テストコース」という場所を、どこかに設定しておくといいと思う。これがあると、ダンパーだけではなくブレーキも、ハンドリングも、コーナーへの突っ込みの挙動もすべてのフィールを判断できることになる。

あとはかなり昔から言われているように、車に体重をかけて下に押し込み、ガンガンゆすってボトミングするぐらいまでサスを動かして、その揺れがすぐに収まるかどうかというチェックも有効だと思う。

他には走行㎞数で判断する方法があるが、ノーマルの場合よく言われるように5万㎞以内ということも一つの目安になる。

いずれにしてもある程度走行㎞数が増えた時に、ダンパーを交換すると「え!なにこの感覚は」と思うほど、走りが変わってくることは確かなのだ。

スポンサーリンク


車検の相談・依頼

Goo車検

公開日:
最終更新日:2013/11/08